カテゴリ

カテゴリ:『ネット婚活』24人目風間さん

カテゴリ:
風間さんは、朝日がまったく想像も付かないような行動をするので、考えるのは無駄だと分かっているものの、『なんで?どうして?』という疑問で、頭がいっぱいでした。。

朝のラインを無視してしまったので、またスタンプとか送ってくるのかな。。と、ハラハラしていましたが、夜になっても、風間さんからは何かを送られてくることはありませんでしたっ。

やっと、分かってくれたんだ!(つД`)ノと、ガッツポーズしたいくらいの達成感に包まれましたっ。

ところが・・・・!

また翌朝になると、朝日の元に、こんなラインが届いてしまいましたっ。

風間さん『朝日さん、おはようございます。今日は良い天気なので、洗濯日和ですね。』

・・・・・・!Σ(゚д゚lll)

もうこれは、完全に、朝日からの『ごめんなさいメッセージ。』も見ている上で、それでも送ってきているんだ。と理解しました・・・。

前のスタンプを送って来てた時と違って、朝日の返事すら求めてない、独り言のようなラインになっているのが、また違う怖さを感じて、ゾワゾワッ。としてしまいました。。

そして、ほんとうに、今更な話ではあるのですが、、ようやく、ブロックする覚悟ができました・・・!

ブロックする瞬間は、ブロックしたことがバレたらどうしよう。。と不安に思っていましたが、ブロックしたら、張り詰めていた気持ちがスッと楽になって、朝日が思っていた以上に、この事が負担になっていたことが分かりました。。(T_T)

もっと、はやくブロックしてしまえば良かったのですが、朝日の悪い癖もあり、イロイロと考えこんでしまって・・・。
ブロックするのは最後の手段でいい。と思っていて、なかなか踏み切れませんでした。。

風間さんに対して、恐怖心がどんどん増してしまい、あれやこれや自分自身が、一番追い込んでいたのかも知れないな。と思いました。

最後に、風間さんに対してですが、、こんなに朝日を想ってくれる人なんて、ほんとうに貴重なので、上手くいけば良かったんですけど・・・・。

最初の方は、好感を持っていた相手だけに、イロイロと複雑な気持ちですが、実生活で関わり合いがなくてほんとうに良かった。という思いが一番強いです。。(><)

もう二度と会うことはありませんように。と、強く祈りました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
あまりに、朝日の送ったメッセージを無視した内容だったので、まだ続きがあるのかな・・・?と思い、しばらく待ってみたのですが、送られてくる気配はなく。。

風間さんの反応は、おかしいけど・・・。
もう、朝日が言いたいことは送ったし、これで終わり。ってことにして、いいよね・・・?という、気持ちでした。

モヤモヤが残りますが、、これ以上、朝日ができることは、もうないので。。(;´Д`A

朝日の中では、『長い戦いがようやく終わった。』という達成感でいっぱいで、風間さんの最後の返信は変ではあったけど、もうすこし時間が経てば分かってくれるだろう。と、無理矢理、終わったことにしてしまいました。

ところが、翌朝。
スマホを確認すると、こんなラインが届いていましたっ。

風間さん『おはようございます。今日は午後から天候が崩れるそうなので、傘が必要ですね。』

寝ぼけていたので、すぐに事態が飲み込めず、しばらくしてから、『・・・えっ、なんで風間さんからラインが来てるのっ?』と、目を丸くしてしまいましたっ。(O_O ;;)

ほんとうに、朝日の『ごめんなさいメッセージ。』を見ていないのか、見ていた上で、スルーしているのか。。

とはいえ、2通送ったうち、最初の方しか見ていない。というのはあり得ないと思うので、見た上でこれを送って来ている。としか思えません・・・・。

いよいよ、風間さん、本格的におかしなことになって来てない・・?と、頭を抱えてしまいました。

いい加減、ブロックするべきなんでしょうけど、、ブロックしている間に、何を送られているのか、まったく分からないのも怖い。という思いもあり・・・・。

朝日の方からは、『もう何も送らない。』と決めているので、あと数日様子を見てからブロックしよう。とひとまず決めました。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
頭を悩ませながら、風間さんへ送るメッセージを打っていきました。

朝日『お疲れ様です。返信が遅れてしまいすみません。これからのことを考えたくて、中々返信ができませんでした。』

一旦、まずこれだけ送信すると、続けてまた文字を打ち始めました。

朝日『将来を見据えて、お互いの相性や結婚観など色々と考えたのですが、風間さんと私では価値観が合わないような気がしてしまいました。
とても楽しい時間でしたが、今回はご縁がなかったということにさせて下さい。ごめんなさい。風間さんに素敵な出会いがあることを祈っています。』

断りの文面としては、至ってありがちな『ごめんなさい。』メッセージ。になってしまいましたが、、これなら、風間さんも分かってくれるだろう。と願いを込めて、送信しました。

送って、即既読になったらどうしよう・・・。風間さんなら全然あり得る。。と、すこしビクビクしてたのですが、既読マークは付かなかったので一安心。。

ただ、5分ほど経って、もう一度確認してみると、すでに『既読。』になっていて、うわっ!Σ(゚д゚lll)と思ってしまいました・・・っ。

そこからはもう、なんて返事が返ってくるのか、ずっとソワソワしてしまって気が気じゃなかったのですが・・・、返事が全然来ないんですっ!(;´Д`A

やっぱり、こんな直接的なお断り文送らないで、フェードアウトしていった方が、風間さんの心情的には良かったのかな。。
でも、それじゃ、ずっとズルズルと引き摺ってしまうことになると、今までそうされたことのある朝日自身がよく分かっているし・・・・。

とりあえず、もうラインはあまり見ないようにしよう・・、ずっと気にしちゃって、キリがないし。。と、雑用をイロイロと済ませることに。

しばらくして、スマホを確認すると、風間さんからラインが来ていましたっ。(°_°)

朝日が送ってから、3時間ほど経っていたので、たぶん悩みながら返してくれたのかな・・・?と思いました。

今回はもう、通知画面で確認するのはやめて、直接ラインを開くことにっ。

風間さん『朝日さん、連絡ありがとうございます。返事が遅れたことに関してですが、怒ったりはしてませんので安心してください。』

・・・えっ、、これだけ・・・・?

もしかして、最初に送った方のメッセージしか見てない?と思ってしまうような内容で、ポカン。( ゚д゚) としてしまいました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×