カテゴリ

カテゴリ:『ネット婚活』和樹さんとのお付き合い

カテゴリ:
長いことズルズルと婚活を続けてしまっているので、もうちょっとやそっとでは心が動いたりはしなかったのですが、和樹さんに関しては、ドキドキしたり、ガチガチに緊張したり・・・・ほんとうに、強く惹かれていたんだと思います。

いつも駄目になった時は、その相手男性と上手くいかなかった。というショックよりも、これからまた先の見えない婚活を続けなくちゃならないんだ・・・。とゆうショックの方が、正直いって、強かったんですよね。。(; ̄ェ ̄)
でも、和樹さんに関しては、和樹さんと本気で付き合って行きたい。と思っていたので、落ち込みも強く、すぐに『次行こ次!』と割り切ることは出来ませんでした。

そんな訳で、半月ほど何もする気が起きず、ようやく婚活サイトのやり取りや婚活パーティーにリベンジしようと決意した頃、こんなラインが届きましたっ。

和樹さん『あさひちゃん久しぶり!元気にしてる〜?あのさ##に###っていう店ができたんだけど一緒に行かない?』

・・・・ぇえっ?!( ̄O ̄;)
ぇえっと・・、和樹さんと朝日って別れたんだよね・・?と、思わず、自問自答してしまいました。(*_*)

いや、たしかに、ちゃんと『別れよう。』『はい。』みたいのは無かったけれど・・・。
でも、あの最後に会った時は、間違いなく、お互い『最後。』と認識した感じだったと思うのですが。。(; ̄ェ ̄)

そんなハズはない。とは思いつつ、自分の記憶に自信が無くなってきてしまいました・・・・。(*_*)

この、もう終わり。とお互い認識していた筈なのに、しばらくしてから、『久しぶり〜。』と何事も無かったかのように、向こうからラインが来たりするのって、『婚活あるある。』だと思っているんですが、和樹さんはまさにこのタイプだなァ・・・・と。(*_*)
前回は、未練があったので、ホイホイと釣られてしまいましたが、これに付き合ってたら、ずっと、ズルズル引き摺るだけ引き摺って、もっと悲惨な最後になりそうなので、当然ですな、返信はしませんでした。

たぶん、予約かなんかをしていて、本命の女性がダメになったから。というお誘いだろうと思うのですが、そう思うと、前回のも、その前のも、ずっとそうだったような気がしてしまい、和樹さんにとっての朝日って、一生こんな感じなんだろうな。。と思うと、膠着状態になる前に抜け出せたのはよかったのかも知れないな・・・。と思ってしまいました。。


カテゴリ:
和樹さんから何を言われるのか、それによって物凄い大喧嘩になっちゃったらどうしよう・・・。と、ガチガチに身構えていたのですが。。

しかし、和樹さんは「・・いや、」と、話の途中で口ごもると、何か考え直した様子を見せ、すこし間を置いてから、また口を開きました。

和樹さん「・・ほんとうに不誠実な男でごめんね。今まで相手してくれてありがとう。」

てっきり、あれやそれやの不満を言われると身構えていた朝日は、和樹さんの言葉を聞いて、一気に、プシュ〜・・っと気が抜けてしまいました。(・・;)

いつものヘラっとした和樹さんの笑顔に、拍子抜けしてしまい、調子が狂った朝日は、よせばいいのに、こんなことを言ってしまいました。

朝日「え・・・・、、それだけ?」

かなりおかしな言葉ですが、朝日だけ一方的に不満を言っておいて、和樹さんからは何も言わないで、かっこよく去るだけなんて、そんな・・・。(*_*) 

そんなことを思っている間に、和樹さんが「じゃあ」と去ろうとするので、慌てて「あっ、こちらこそ!」と、よく分からない返しをしてしまいましたっ。(@_@;)

朝日の言葉に、和樹さんは背を向けたまま、手をヒラッと振り、まるで映画やドラマにある別れのシーンのようなかっこよさだったのですが、『それにしてはちっちゃいかもな・・。』と冷静に思ってしまうあたり、情緒がないというかなんというか。。(; ̄ェ ̄)

和樹さんの背中が見えなくなると、これでほんとうに終わっちゃったんだな・・と、ものすごく複雑な気持ちになってしまいました。。

帰りの電車の中で、今、自分の中の感情がどういうものなのか、整理しようとしたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
和樹さんに関しては、最後まで本音が見えなかったな・・・。と、思考がグルグルと巡る中、そればかり考えていました。。


カテゴリ:
ただ、『キモい。なんてそんなことは思っていない。』と言いつつも、でもあれはそういうことだったよな。。とも思ってしまい、和樹さんは朝日に、一体、何を話させたいんだろう・・・。と思ってしまいました。(; ̄ェ ̄)

いきなり口数の減った和樹さんに戸惑いながらも、朝日なりに和樹さんをフォロー(?)したつもりだったのですが。。

和樹さん「・・・・・・。」

朝日「・・・・・・? (・・;)」

・・な、なんで、黙ってるのっ?!(*_*) と焦り、和樹さんの顔を見ると、こちらを凝視していたので、ますます、焦ってしまいましたっ。
急なことに弱い朝日なので、さぞ、挙動不審だったんじゃないかと思います・・・。。(;´Д`A

今まで和樹さんとは、会話が途切れたり気まずい沈黙になったり・・ということがあまりなかったので、余計に、この状況が辛く感じてしまいましたっ。
ついつい、気まずさに耐えかねて、『ゴメン・・』と謝ってしまいそうになりましたが、なんとか抑えて、誤魔化さずに素直に話しました。

朝日「キモいとかそういうのはなかった、けど、・・真剣さが感じられないと思った。」

ほんとうは、こんなこと話さないで、スムーズにさよならした方が、お互い傷つかないと思うのですが、何故、こんなことに・・・。。(*_*)

朝日と和樹さんて『付き合っていた。』とは言っても、お付き合いらしいお付き合いなんて、微塵もしていなかったのに、さよならの時だけはちゃんとカップルの別れ話みたいだな。。と、こんな時なのに、そんなことを思ってしまいました。

和樹さん「そっかぁ〜・・」

ようやく口を開いてくれたと思ったのですが、独り言なのかそうではないのか、判断が付かない呟きのような感じで、どう返せばいいか悩んでると、再度、和樹さんが口を開きました。

和樹さん「でも、あさひちゃんの方も・・」

瞬間的に、何を言われるのかと、身構えてしまいましたっ。(゚o゚;;
さっきから、朝日ばかり、和樹さんを責め立ててしまっているけど、和樹さんにだって、もちろん、朝日への不満はあっただろうし。。


このページのトップヘ

見出し画像
×