カテゴリ

カテゴリ:『ネット婚活』23人目和樹さん

カテゴリ:
柴犬に似てる朝日。。と、あまりにも衝撃を受けたせいなのか、そればかり頭の中でぐるぐるとしてしまい、「それじゃ、またすぐ会おうね!」と、Bさんに別れの挨拶をされてから、ハッとなりましたっ。(°_°)
Bさんと別れた後も、心ここに在らず。という感じで、ふわふわとした足取りで、なんとか帰宅しました。

家に帰ってからも、ハグしている時、Bさんが昔飼ってたわんこを思い出してる中、朝日1人で無駄にドキドキしてしまった・・・・。と無性に恥ずかしいやら情けないやら、グルグルとした気持ちになっていると、ポンッ♪とラインの通知音が鳴りましたっ!
Bさんからだろうと思い、ろくに通知の内容を確認せず、ラインを開くと、なんとEさんからでしたっ。(゚o゚;;

Eさん『次はいつ会いましょうか?(^_^)』

そういえば、Eさんからのラインを返してなかった・・・っ!と、今更、思い出しましたっ。
完全に、『既読無視。』状態になっていたと思うので、ヤキモキさせてしまっていたかもしれません。。
それは申し訳なかったと思うのですが、ただ、あの長文メッセージに、一体、何を返せば良かったのか?とゆう疑問もあり。。(;´Д`A

それに、Bさんとお付き合いする事が決まり、改めて、イロイロと考えて見たのですが。。
Eさんは真面目さや素朴な優しさなどの内面は好感を持っているのですが、清潔感や見た目的な面で、やっぱり、ちょっと・・・。と、思ってしまい。。

こうなってくると、無理して、Eさんと続ける必要はあるのかな?と、Eさんとの関係性に悩み始めてきました・・・。(ーー;)

とはいえ、今までのことを考えると、誰か1人と上手くいきそうになるたび、その人1人に絞ったりして、失敗してきているので、また同じ轍は踏まない方が良いんだろうなァと・・・。
まあ、失敗したのは、全てそのせい。とゆうわけではないんですけどね。。( ̄▽ ̄;)

とくに、Bさんに関しては、まだよく分からないことだらけなので、Bさん一択には、まだしない方が良いんだろうな・・・と思いました。


カテゴリ:
チーズドッグをもぐもぐ食べつつ、この時間にこんなに食べたら、晩御飯が入らなくなっちゃうのでは・・・、まだなにを食べるかは分からないけど。。などと考えていると、Bさんがこんなことを言ってきました。

Bさん「じゃ〜、そろそろ駅向かおっか!」

えっ?!(°_°) まさか、もう帰るとかじゃないよね・・・?でも、わざわざ電車に乗って移動する必要も無いし。。
聞いてみようかと悩みながら歩いている途中で、Bさんから「今日は楽しかったね〜〜。」と言われ、あっ、やっぱりこのまま帰る感じなんだ・・。と、すこし、ガッカリとしてしまいました。。(*_*)

そして、あっという間に駅へ着いてしまい、なんだかせっかく付き合うことになったのに、これじゃ、いつもの面接と変わらないな。。と思っていると、Bさんから「ちょっと良い?」と聞かれたかと思うと、スッと自然に抱き寄せられ、ギュッと軽くハグをされましたっ。(°_°)

Bさん「・・ぁあ〜成る程・・・」

ボソッと呟いた声が聞こえ、な、なにがナルホドなの?!と、余計に、アタフタとしてしまいました!

体を離した後、向き合い直し、目が合った瞬間、なにを言われるのかとドキドキしていると、Bさんからこんなことを言われましたっ。

Bさん「・・子供の頃に飼ってたシバを思い出しちゃった。な〜んか、似てるんだよね〜・・。」

朝日「・・・し、しば・・?(°_°) あっ、もしかして柴犬・・・?」

朝日の問いにBさんは「そうっ!」と嬉しそうに返してくれましたが、あ、朝日って柴犬に似てるの・・・?(゚o゚;; と、呆然としてしまいました。。
いやっ、わんこは好きですけど・・、柴も大好きですけど〜〜ッ。
子供の頃の思い出を思い出して、嬉しそうにしているBさんは、微笑ましくもあるのですが・・・。(; ̄ェ ̄)

抱きしめられた後に『柴犬みたい。』って言われるのって、女性としてどうなの・・・・?と、正直、思ってしまいました。(;´Д`A
しかも、お付き合いすることを決めた直後の、ドキドキ最高潮の時に。。

とはいえ、朝日に色気がないのは、自分でも重々承知なので・・・・、レトリバーやラブラドールなどの大型犬みたい。と言われなかっただけ、まだ、良かったのかも知れない。と思ってしまいました。。(; ̄ェ ̄)


カテゴリ:
うすうす分かってはいたけど、いざこう握ってみると、Bさんの手、小さいな・・・。
朝日の手デカッ!とか思われていないといいな・・とゆう気持ちに。。
あと、大きさだけじゃなく、朝日の方が骨ばっててゴツい気もする。。と、最初は浮かれていてそれどころじゃなかったのですが、だんだんと、自己嫌悪に陥り始めそうに。。(;´Д`A

それに、なんだか緊張しすぎて、手汗かきそうでヤバイかも・・・っ!と、内心、アタフタとしてしまっていると、Bさんがパッと手を離し、「あっ、あれ食べよう!」と言ってきました。
正直、このまま手を握り続けていたら、手汗がすごいことになりそうだったので、危ないところだった、よかった・・・。と、ホッとしてしまいました。(⌒-⌒; )

そして、Bさんが指を指した先の店を見てみたのですが、何を売っているのかがよく分からなかったので、「何ですか、あれ?」と聞くと、こう返ってきました。

Bさん「チーズドッグ、食べたことある?」

朝日「いえ、ないです。」

朝日がそう答えるや否や、『じゃあ、買ってくるから、そこ座ってて!』とBさんに促され、横のベンチに腰を下ろしました。

周りは女子高生や若い女子だらけで、そういえば、タピオカの時もこんな感じだったな。。(⌒-⌒; ) と思ってしまいました。
もしかして、Bさんの感性って女子高生に近いのでは・・・?とつい思ってしまい、それって、物凄くシュール。。と、1人で可笑しくなってしまいました。(^◇^;)

しばらくしてから、戻ってきたBさんがチーズドッグを手渡してくれたので、丁重にお礼を言って、受け取りました。
さっそく食べてみたのですが、とても美味しいけど、想像通りというか、まあこうゆう味になるよね。。と、食べながら思っていると、Bさんが、ジィ〜っと朝日を見つめているのに気が付きましたっ。(°_°)

たぶん、どんな反応をするのか気になっているのだと察しましたが、『わっ!おいし〜!(*^▽^*) 』なんて、可愛らしい反応を朝日が出来るハズもなく。。
な、何か言わなきゃ・・っと焦ってしまい、「あ、アメリカンドッグのチーズ版って感じですね・・」と、至極当たり前のつまらないことを言ってしまいました。。(; ̄ェ ̄)

ただ、Bさんは朝日と違って、コミュニケーション力の塊なので、「チーズも美味いけど、ソーセージも入れたくなるよね!」と乗ってくれたので、ほんとうにありがたいと思いました。(⌒-⌒; )


このページのトップヘ

見出し画像
×