アーカイブ

2021年08月

カテゴリ:
まさか、、ようやく解放されて、『これでもう二度と、この人の顔を見なくて済む!』と思った、数十分後にまた、白城さんに会ってしまうなんて。。(><)

偶然で、こんなことってある?!と思ったあとに、ふと、『・・まさかだけど、、もしかして、後をつけられてた・・・?』と、そんな訳がないだろうに、パニック状態で冷静さを欠いていた朝日は、そんなふうに思ってしまいました!(゚д゚lll)

やっぱり、朝日に強い恨みを抱いていて、復讐として、階段から突き落とそうとか、、そういうこと・・・?と、物騒なことを思い付いてしまい、恐怖を感じそうになっていると。。

白城さんが、化け物を見るような目で、朝日を見ていることに気が付き、ハッ!∑(゚Д゚;) としましたっ。

朝日だって、『尾行されてた・・・?』等と思ってしまったのだから、絶対に、向こうも同じように思っているに違いありません。。

しかも、向こうは、『朝日が白城さんに好意を抱いている。』と思っていたような人なので、朝日よりよほど、そう思ってしまうに決まってます・・・・。(ーー;)

その、白城さんへの好意については、強く否定はしましたが、朝日の言葉をすんなりと受け入れてくれるような人ではないし、最後は逆ギレのように去っていったので、ちゃんとは伝わっていないと思えて仕方がありません。。

その朝日の考えを裏付けるように、もう、あからさまに、ストーカーを見るような目で、朝日を睨みつけてきました・・・・。

この人とは、もう会話したくないけど、、今無言でこの場から逃げ出したら、『後をつけているのがバレたから、走って逃げた。』という図に、白城さんの中でなってしまうのではないかと思い、足が動きませんでした。。

・・とりあえず、何か言わなきゃ!と思い、、絞り出して、呟くように出て来た言葉がこんなものでした・・・っ。

朝日「・・・さっきそこで、ケーキ買って、混んでたから、、それで・・。」

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
心身共に疲れ切ってしまったので、そのまま、家に帰るつもりでいましたが・・・・。

ふと、せっかくここまで来たんだし、予定通り好きなケーキを買ってから帰ろうかな・・・。と、トボトボと1人で歩いているうちに、だんだんと、そんな気持ちになって来ました。

朝日はストレスを発散するのが、あまり上手ではないので、、このまま家に帰っても、ロクなことを考えず、1人で部屋にこもって、うじうじと自分を責めてしまうに違いない。と思うんです。。(><)

それなら、美味しい好きなものを好きなだけ買って、やけ食いするくらい、たまにはいいよね!と、自分を慰めるように

しかし、今日の朝日は、とことん運に見放されてしまっていたようで・・・・。

さっさと家に帰らなかったことを、この後、ものすごく、、後悔することになってしまいました。。(T_T)

ケーキ屋さんはとても混んでいましたが、とくに焦ることもないので列に並び・・、時間は掛かりましたが、家族の分と朝日の分数個に、ちょうど1個だけ残っていた限定のタルトまで買えて、幾分か気分が良くなりながら、改札口に向かって歩き始めましたっ。

『次の電車は〜・・。』等と考えながら、通路に沿って、角を曲がろうとした瞬間、勢いよく向こうから来た人と、真正面からぶつかりそうになり、『うわっ?!』と、反射的に顔を見ると・・・!

えっ?!なんでまだ『コイツ』がいるのっ?!と、一気に地獄に突き落とされたような気持ちになりました!Σ(゚д゚lll)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
突然『帰るわ。』と宣言して、身を翻し、あっという間に去っていった、白城さんの背中を、ポカン。と口を半開きにしながら、呆然と見つめてしまいました・・・。(゚Д゚)

多分、傍から見たら、さぞ、マヌケな顔になっていたんじゃないかと思います。。(>_<)

しばらくして、『白城さんから解放された。』という実感が湧いてくると、安心感と共に、またフツフツとした、怒りが湧いて来てしまい・・・・。

こんなひどい目に遭うほどの悪いこと、しましたか?!と、神様に問い詰めたい気持ちになってしまいましたが・・・・。

ラインのやり取りで、白城さんに対して、すこし引っかかる部分を感じていたにも関わらず、『それでも会う。』と決めてしまった、朝日の甘い判断が、すべて、この地獄を招いてしまったんですよね。。(T_T)

元はといえば、風間さんに懲りて、いつもだったら選ばないような、風間さんとは違うタイプの男性と会ってみよう。と、軽い気持ちで面接に挑んだ結果が、こんなことになってしまい・・・・。(*_*)

慣れないことは、ほんとうにするものじゃない。と深く胸に刻みました。。

とはいえ、白城さんの食べた分まで、お金を払わせられる。ということにはならなかったし、殴られたりされなかっただけマシ。と、自分を慰めつつ。。

それでも、精神的なショックは大きく、張り詰めてた気持ちが、途端に、シュン。。としてしまい・・・。(T ^ T)

もう、何もする気にならないし、さっさとこのまま家に帰ろう・・・。と歩き始めたのですが、、ふと、足を止めて考え直しましたっ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×