アーカイブ

2021年05月

カテゴリ:
白城さんから「他の男はどんな感じ?」と聞かれたので、「今やり取りしてる男性はいない。」と答えたところ・・・・。

まさかの、『別にそんなことは聞いてない。』と言われてしまい、頭の中は、ハテナマークでいっぱいに。。

あまりにも理不尽だし、白城さんやっぱりおかしすぎるよ・・・。という気持ちになってしまいました。(*_*)

まあ、最初に会った時から、かなりおかしくはあったんですけど、、こんな支離滅裂な返事を返してくるなんて、流石に心配になってしまうレベルでは。。

朝日「聞かれたから、答えただけですけど・・・。」

納得いかず、ついつい、ムッとした気持ちが隠しきれない声色になってしまいました。(ー ー;)

すると、白城さんはわざとらしく「ハァァ〜・・」とため息を吐いた後、早口でこう捲し立てて来ましたっ。

白城さん「あのね、俺は(朝日に向かって顎でしゃくる仕草)やり取りしてる男がいるのいないのは、ど〜うでもいいのよ!」

朝日を馬鹿にしたように、身振り手振り大袈裟に動かしながら、そう話す白城さんに、またイライラが溜まりつつ、『だったら、なぜ聞いて来たのか、意味がわからないんですけど。』と納得しかない気持ちでいっぱいだったのですが・・・・。

白城さん「俺は、ただ、どうゆう男が登録してるのかとか、どうゆう男がモテてそうなのかとか、そうゆうのを聞きたかったワケ。」

いや、それだったら、最初からそうやって聞けば良かった話なんじゃないのっ?!という気持ちでしたっ。( ̄◇ ̄#)

婚活サイトの話をしていて、『他の男はどんな感じ?』と聞かれたら、朝日がやり取りしている、他の男性のことを聞かれたんだと思うじゃないですか。。
いや、ただ単に、普通は分かる所を、朝日が恥ずかしい勘違いをしただけかも知らないですけど・・・。(>_<)

それに、そんなことを朝日に聞かれたところで、何とも言えないというか。。

そんなの、『よくわかりません。』としか言えないし、ただの一会員である朝日に聞くことではないのでは・・・?と、強く思ってしまいました。(;´Д`A

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
そうこうしている間に、白城さんがまた、不快な音を立てながら食べ始めたので、『よし!急用が出来たって言おう!言って帰ろうっ。』と口を開こうとした瞬間、白城さんが話しかけてきましたっ。∑(゚Д゚)

白城さん「それで、他の男はどんな感じなん?」

朝日「・・・えっ?!あぁ・・。」

急に振られて、思わず聞き返してしまいましたが、、白城さんは『話が中断した。』とか『間が空いた。』とかは関係なく、直前までしていた話の続きを喋りだす人なのだと、鈍い朝日でも流石に学びました。(;´Д`A

とういうわけで、これは『婚活サイトの話の続き。』ってことで良いんですよね・・・・?

とはいえ、それが分かったところで。。(~_~;)

朝日「え〜と・・、『どんな感じ?』って言われても・・・。」

なにが『どんな感じ?』なのか、意味が分からず、戸惑いながら、こう返しました。

朝日「まあ、イロイロと・・。普通にやり取りしてる感じです。」

白城さん「イロイロって何よ?」

間髪入れずにまた質問をしてきて、突然、なぜこんなに、根掘り葉掘り聞いてくるのっ?!という気持ちになってしまいました。(*_*)

朝日「ぇ〜と、、今は現在進行形でやり取りしてる人はいないので。。」

『もうここは、素直に言って終わらせよう・・・。言わないと、ずっとしつこく聞いて来そうだし。。』と思い、そう返したのですが、白城さんの返事はビックリするようなものでしたっ。(゚o゚;;

白城さん「・・・ハァ?べつにそんなこと聞いてないんだけど。」

えぇっ?!そっちから聞いておいて、何それっ?!( ̄O ̄;)

こっちの方が『ハァ?!』と言いたい気持ちで、いっぱいになってしまいました。。(*_*)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
手を洗い終えても、どうしようか・・と悩み、鏡の前で、しばらくぼぉ〜っとしてしまい。。
人が入ってきた所で、ハッ!と我に返り、慌てて出ましたっ。
 
そうして、まだ、どうするかの決心がつかないまま、複雑な気持ちで、元の席へと戻ったのですが・・・・。

朝日『・・・・あれっ?!(°_°)』

なぜか、元の席に、白城さんの姿が見えず・・・・。
食べていた料理も、中途半端に残されたまま、そのまま残っていました。

『えっ、もしかして、白城さんの方が逃げた?!(゚o゚;;』と、一瞬思ったのですが、よく見てみると、座席のところに、荷物らしきものが置いたままだったので、『帰った。』というわけではなさそうです。。

多分、トイレに行ったのかな・・・?
荷物を置きっぱなしで行くなんて、不用心だな・・・。

そこまで考えたところで、もしかしてこれって、『大チャンス。』なのかも知れない・・・。と、今更、思い付きましたっ。

そうと決まれば!と、急いでバッグから財布を見つけ、お札を取り出そうところで・・・っ。
白城さんが、両手にグラスを持って、こちらへ戻ってくるのが、見えてしまいましたっ。Σ(゚д゚lll)

どうやら、トイレに行ったわけではなく、ただ、ドリンクバーに行っていただけのようでした。。(T_T)

というか、いつのまにか、白城さんの前にはグラスが4つ・・・・。
しかも、全部、グラスの半分以上残しているので、それなら、最初から少なめに入れれば良いのに。。と思ってしまいました。(−_−;)

そんなことを思っているうちに、白城さんは「ふぃ〜いっ。」と、ふざけたような声を出しながら、ドサっと勢いよく元の席に座り、また、肘をついて、ゴクゴクとジュースを飲み始めました・・・。

ああもう、、これは完全に、逃げるタイミングを逃してしまいました・・・・。(T_T)

というか、そんな夜逃げみたいな真似をしなくても、『すみません!急用ができたんで帰ります!お金ここに置いておきます、お釣りはいりません。』等と言って、とっとと帰ってしまえば良い話ではないかと・・・。

しかし、頭ではそう思っているものの、中々行動に移す勇気がなくって。。(>_<)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×