アーカイブ

2021年02月

カテゴリ:
人通りの少ない壁際に移動して、あまり気が進みませんが、手紙を読もうと、改めて持ち直すと・・・。

風間さん「バッグ持ちましょうか?」

朝日「・・・えっ?あ、あぁ、大丈夫です。」

今日一日、辛くて仕方ない瞬間が、たくさんあったわけですが、その時にそう言ってくれたら、どれだけ嬉しかったことか・・・。(T_T) と複雑な気持ちに。。

まさか、今こんな状況で、その言葉を聞くことになるなんて、思いもしませんでした・・・。(; ̄ェ ̄)

改めて、恐る恐る、手紙の封を開けようとしたのですが、ガッチリ糊付けがしてあり、ピターッと貼り付いていて、なかなか、開けることができず。。
ポストに投函するわけでもないのに、こんな厳重に糊付けする必要ってあるっ?と思ってしまいました。(ーー;)

風間さんが凝視しているなか、申し訳ないと思いながら、ビリビリと破るように開けるしかなく。。(~_~;)
『幸』という字が見るも無残になってしまったのに目を逸らしながら、中を覗くと、、1枚の白い紙が入ってましたっ。

一旦、深呼吸をして、『えいっ。』と勢いをつけ、その折られた紙を開いたのですが・・・。

見た瞬間、文字の少なさに『えっ?!・・・これだけっ?( ̄O ̄;) 』と思ってしまいましたっ。

いや、便箋何枚もズラズラと書かれても、その方がちょっと・・・・。とは思うのですが、『気持ちの全てを込めました。』とまで、熱く言っていたので、想像とまったく違ったことに、すこしだけ戸惑ってしまいました。(・・;)

それに、真っ白のコピー用紙に、上から下まで、罫線が引いてあったのですが、文字が書いてあるのは上から4行ほどのみだったので、そこから下の罫線はいらなかったんじゃ。。という気持ちに。( ̄◇ ̄;)

そんなことを考えていると、風間さんから「・・読みました?」と聞かれてしまったので、慌てて読もうとしたのですが、この手紙の一番の問題点にぶつかりましたっ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
封字に『幸』と書いてある手紙を貰ってしまい、どうしたものかと悩んでいるうちに、風間さんから「開けてみて下さい。」と言われてしまい・・・!(゚д゚lll)

朝日「・・・いや、その、、あ、ここだと人も多いので、迷惑になるので、ちょっと・・・、スミマセン。。」

内心『捨てるわけには行かないしな。。』と、なかなか酷いことを考えてしまっていたところで、突然『開けて読んでほしい。』と言われてしまったので、ギクッとなり、しどろもどろな言い訳になってしまいましたっ。(;´Д`A

それでも、一応、断れた。。と自分では思っていたのですが、風間さんは、すぐにこう返して来ましたっ。

風間さん「では、移動して、どこか入るか、座れるところを探しましょう。」

朝日「は・・・・えっ?!(゚o゚;; 」

・・ついさっきまで、あれだけ無言モードを連発してたのに、いきなりのこのハキハキとした、饒舌っぷりは何っ?!( ̄O ̄;) と、戸惑ってしまいましたっ。

朝日「・・いや、その、、ぇえと・・・」

しかし、ここで朝日の悪い癖というか、あまり表立って揉めたくない。という『逃げ。』が出てきてしまい、、今日で、風間さんと会うこともなくなるわけだから、最後になるなら、手紙くらい読んだっていいんじゃないか・・・。と、思い始めて来てしまって・・・。

こういうところが駄目だと、何度も後で後悔した経験があるのに、いざそういった局面に立たされると、ついつい、穏便に済ますことが出来るならすこしぐらい我慢しよう。と思ってしまって。。(*_*)

とはいえ、さすがに今からお店に入って、風間さんと顔を合わせて話しながら手紙を読む。というのは絶対嫌!という気持ちだったので、周りを見渡して、人影が少なく、ちょうどいい手すりがある場所を見つけたので、あそこに行きましょう。と、朝日の方から提案し、そこへ移動することになりました。。

こんなことなら、さっさとバッグに手紙を突っ込んで、『じゃあ、サヨウナラ!』と帰ってしまえば良かった。。と、さっそく後悔するばかりで。。

今からでも、ダッシュで帰ってしまいたい。という気持ちでいっぱいでしたが、そんな勇気が朝日にあるはずもなく・・・、こうなったらさっさと手紙を読んで、適当にお礼を言うなりして、一刻も早く風間さんと別れよう。。という気持ちでした。(−_−;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
正直、早々にドン引きしてしまったのですが、風間さんは、真剣な顔で、手紙について語りだしましたっ。

風間さん「・・今までの気持ちを綴り、幸せという字で閉じたので、ここには、僕の思いの、気持ちの全てが入ってます。」

・・ぇえと、風間さんて、、なんというか、こういった面もあるんだ・・・。と、ここに来て、新たな発見をしてしまいました。(O_O)
意外とロマンチスト・・・?といっていいのかどうかは分かりませんが、そういう面も持っていたんだな・・・・。と。

といっても、これで風間さんへの印象が良くなるハズもなく、、むしろ、良くない面での発見になってしまったような。。(; ̄ェ ̄)

とにかく、こんな手紙を渡してくるなんて想像もしてなかったので、唖然としてしまって・・・、風間さんは手紙についてツラツラと語っていたのですが、朝日の耳には、あまり入って来ませんでした。(*_*)

それに、『幸せを込めた。』と言っているのに、そう言っている本人がまったく幸せそうには見えず、むしろ、正反対のような顔をしているので、どう受け取ればいいのやら・・・。と、いう気持ちに。。

元々、手紙をもらった時点で、ちょっとな・・・。と、困惑の気持ちが強かったところに、風間さんからよく分からない話を聞いて、ますます、この手紙を開けるのが、怖くなってきてしまいました。(*_*)

本当に申し訳ないんですけど、思いというか、念が強すぎて、手紙から禍々しいオーラすら見えてきそうで・・・・。(~_~;)
これ、開けて読むのが嫌とかそれ以前に、家に持って帰るのすら嫌かも知れない・・・、でも、さすがに捨てるなんてできないし。。

この手紙をどうすればいいのかと悩んでいると、、風間さんが、こんなことを言ってきましたっ。

風間さん「朝日さん、開けて読んでみてくれませんか。」

朝日「・・・・あっ、えっ?!」

どうしようかと悩み、もたついている間に、風間さんから一番避けたかった言葉を言われてしまい、『ぁあ〜しまった!Σ(゚д゚lll)』と、絶望してしまいましたっ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×