アーカイブ

August 2020

カテゴリ:
とはいえ、男性は総じてあまり写真映りがよくない人が多いし、それこそ、風間さんと同じ時期に来た『美魔女おじさん。』のような写真の感じも、ナルシスト過ぎてちょっと嫌だし。。(; ̄ェ ̄)

とりあえず、もう、写真のことは一旦忘れようっ。と、記憶を封印することにしました。

その後は、まったりとしたペースでやり取りを進めて行ったのですが、ある日、風間さんが、突然何の脈略もなく、謎の画像を送ってきましたっ。(°_°)

どうやら、墨で描かれた魚の絵?のようなもので、『・・なにこれ?』と思いつつ、タップして拡大してみると、・・んん?これは『魚拓。』ってやつ、かな・・・・?

とりあえず、『これは魚拓ですか?』と送ってみると、すこししてから、風間さんからこんな返信が来ました。

風間さん『はい、そしてこれはヒラマサです。』

へぇ〜・・ヒラマサ。。(O_O)

ぇえと、とりあえず、ヒラマサという魚の魚拓だというのは分かったのですが、ほんとうに突然送ってきたのが、とても謎なんですけど。。
『釣りでも行ったのかな?すごい大物だから見せたかったとか?』と思ったのですが、それなら魚そのものの写真でも良いような気がして、余計に、よく分からなくなってしまいました。(@_@;)

朝日『大物ですね!風間さんは釣りが好きなんですか?』

風間さん『いえ、これは寿司屋に飾ってあったものです。立派なので、送ってみました。』

・・あっ、、そうだったんだ。。
そう言われて見てみると、背景がどう見ても店内で、なんだ〜。と思ってしまいました。(^_^;)
まあ、べつに良いんですけど、それならそうと、最初からそう言ってくれれば・・・。という気持ちになってしまいました。

これは、『すこし言葉が足りないかな?』と思ったぐらいの出来事でしたが、その後、しばらくしてから、また突然、何の脈略もないこんなラインが届きましたっ。

風間さん『月がポツンと佇んでいたので送ります。朝日さんから見える月は寂しそうですか?』

月の画像とともに、そんなラインが送られてきたのですが、いきなりの詩人モードに、すこし戸惑ってしまいました。(°_°;)
しかも、この月がまたボケボケで、本当に写真を撮るのが下手な人なんだな。。( ̄▽ ̄;) と、そこに関しては、微笑ましい気持ちになりました。

2週間ほどやり取りを進めましたが、相変わらず掴めないというか、やっぱり風間さんて、『不思議ちゃん。』というやつなのでは・・・?という気持ちに。(O_O)

とりあえず、一番避けたい『モラハラ男。』の類いではなさそうだし、ちゃんと会ってみて判断したいな。と思いました。


カテゴリ:
このおどろおどろしい感じは、写真が暗すぎるせいでは・・・?と思い、スマホの明るさを上げて、再度見てみたのですが、お化け的な意味での怖さは、多少薄れたものの、生理的な嫌悪感が余計に増してしまったような。。(;´Д`A
明るくしたことで、余計に顔下半分が真っ青になっていて、思わず、「髭が凄すぎる・・・・。 (*_*)」 と、あまりの濃さに、ボソッと口に出して、呟いてしまいましたっ。

プロフィールに載せていた写真が、だいぶ酷い写りだったので、この写真より、『実物が酷い。』ということはないだろう。。と、ある意味、安心していたのですが、今送られてきたこの写真に比べれば、まだあの写真はマシだったのでは・・・・?と、考えを改めました。。(*_*)

とはいえ、せっかくここまで順調に来ているのに、髭が濃いくらいで断るのは。。とも思うのですが、見れば見るほど、顔の下半分が青々としていて、ぅう〜ん・・・。(~_~;) と唸ってしまいました。


以前にも書いたかと思いますが、相手の顔立ちなどはほとんど気にしないのですが、濃い青髭だけは、ウッ。。(*_*) となってしまうんですよね。。
昔、かなり嫌な思いをしたことがあり、そのトラウマの原因になった、男性の髭がかなり凄かったという記憶が強く残っていて、相乗効果で、Wトラウマ?みたいになってしまってるんだと思います。

もちろん、髭が濃いからといって、当然ながらその人とは別の人間だし、簡単にどうこうする事ができない、元からの体質のことを理由にするのは良くない。と分かっているのですが、、そう思っていてもやっぱり無理なものは無理っ。(>_<)

写真でこれだけ髭の濃さが分かるということは、実物はもっと濃いのか、、いや、でも、たまたま光の加減で青く写ってしまったのかも知れないし。。

たぶん、肌の白さが青色を際立たせているような気がするから、日焼けすればまだ目立たなくなるかも。。と考えてしまい、まだ、会ってもいないのに、『日焼けすれば・・・。』なんて思うのもおかしな話で、朝日にそんな権利なんてないし、そもそも向こうも、実物の朝日を見て『ゲンナリ。』してしまうかも知れないし。。

・・・最近、知り合った、壮絶な結婚生活を送り、やっとのことで離婚が成立した女性から、『モラハラ男だけは絶対やめておくべき。』と強く言われたのもあり、まずそこを最重視するべきだよね。という思いが強くなり、髭が濃い薄いなんて、人間性の問題からしたら、全然大したことないな。と思い直しました。

まあ、風間さんが、『モラハラ男。』ではない。という確証もないのですが・・・・。(; ̄ェ ̄)


カテゴリ:
風間さんとのやり取りは、今までにないほどの超スローペースで進行していました。

朝日も、自分からどんどん話を進めて行けるタイプではないため、これ、面接まで辿り着けるのかなァ。。(@_@;) と思いましたが、正直、そこまで入れ込んでいない。ということもあり、まぁなるようになるか。という心境でした。

風間さんの印象ですが、最初は職業柄、かしこまった感じの人なのかな?と思っていましたが、やり取りを進めてみると、浮世離れしている?というか、不思議ちゃん?というか。。
よく言えば、温厚。で、やっぱり頭が良い人の思考は、常人とは違うんだなァ・・・。(@_@;)なんて思うことが多かったです。

そして、それを裏付ける、決定的な出来事が起こりました。

就寝前に、暗い部屋の中でベッドに仰向けになりながら、スマホを操作してたのですが、風間さんから、こんなラインが届きました。

風間さん『新しく写真を撮って見たんですけど、送ってもいいですか?』

写真、、?一体、なんの写真だろう?と思いつつ『もちろん!良いですよ。』とすぐに返信しました。

ぅう〜ん・・・まさか、自撮りとかじゃないよね・・・?(O_O)
風間さんはそういうタイプでもないし。。

そんなことを考えていると、風間さんから画像を送られてきた瞬間に、つい、タップしてしまい、画面全部に恐ろしい『何か。』が表示されてしまいましたっ。

見た瞬間、『ヒィッ?!何これッ?!Σ(゚д゚lll)』と、ついスマホから手を離してしまい、顎にスマホの角がクリーンヒットしてしまいましたっ。(><)

あまりの痛みに呻きつつも、先ほどの画像のショックが、頭から離れず、そ〜ッと、スマホをの画面を確認してみると、暗闇の中で、うっすら浮かび上がった落ち武者の姿・・・ッ!

・・・ではなく、下から写した風間さんの顔のドアップでした。。(*_*)
『これは落ち武者ではなく、風間さん。』と分かっていても、あまりの怖さに直視できなかったので、送ってもらって早々ですが、削除させてもらいました。。(;´Д`A

もうこの画像、嫌がらせとしか思えないぐらいの代物なんですけど、これを送ってきたのって、なにか、深い意味があるのでしょうか。。
『朝日を驚かせたい。』とかだったら、かなり悪趣味で最悪だし、もうそれなら、やり取りもやめたいんですけど・・・・。(T_T)

そんなことを考えていると、また、ポンッ♪と、風間さんからの新着メッセージがっ。

風間さん『もう一枚撮ったので、送ってみますね。』

このページのトップヘ

見出し画像
×