アーカイブ

July 2020

カテゴリ:
目が合ったぽっちゃりとした眼鏡の男性が、朝日の隣に座ってくれたのですが、なかなかの体格の方なので、隣に座った時、ムギュッ!と一気に狭くなりましたが、来てくれた人に、そんなわがままな事は言いません!( ̄▽ ̄;)

ぇえと、この男の人って、何を話した人だったっけな・・多分、中盤くらいに話した人の気がする・・・・。と、会話の糸口をつかもうと、必死に記憶を巡らせていると、男性の方から話しかけてくれました。

男性「こういうのって、大変ですよね〜〜・・・。」

絞り出したような声で、ため息混じりにそう言われました。

朝日「・・・そうですね。。」

とりあえず、朝日も同じ気持ちだったので、同意したのですが。。

男性「なんかもう、どんなもんかと思って来て見たけど、、ただただ疲れました。。」

朝日「あっ、今日初めてなんですか?」

男性「そうです。ずっと忙しないし、ちょっと良いって思う人がいても、ジャンケンして話す権利奪い合うとか、、そういうのはちょっと。。」

つい、反射的に『その良いと思った女性って、ピアノの先生ですか?』と、聞き返しそうになりましたが、聞いたところで何もならない所か、余計に朝日のメンタルに支障を来たしてしまいそうだと思い、グッと口を閉ざしました。(ーー;)

・・・ぇえと、こうして、隣に来てはくれたものの、朝日にまったく興味がないのがありありと見て取れ、話しかけられなくなってしまいました。。(*_*)
きっとポツンと座ってる朝日と目が合って、気遣って座ってくれたんだろうな、優しい人だな〜・・と思いましたが、その優しさがまた・・・、余計に虚しい気持ちに。。(T_T)

男性「結局、こういうのって見た目ありきになっちゃうし、俺みたいのは不利なんだって分かってたんですけどね・・」

男性自身の自虐的な発言だと理解しているものの、朝日にもグサグサと刺さりまくり、かなり辛くなって来たところで、司会の人から『1回目のフリータイム終わりで〜す!』という声が掛かり、心底ホッとしてしまいました。。

朝日のところに来てくれたのは、優しさもあったんでしょうけど、何より、この状況を愚痴りたかったのかもしれないな・・・。と思ってしまいました。。(; ̄ェ ̄)


カテゴリ:
悲しいことに、嫌な予感というのは当たるもので・・・、本当に、清々しいほど、誰もこちらへ来ませんっ!。・°°・(>_<)・°°・。

なんだかんだと言って、1人くらい、ボランティア精神のある、優しい男性が来てくれるのでは。。と、淡い期待を抱いていましたが、当然ながら婚活の世界はそう甘くありませんっ。(*_*)
そんなの痛いほど、分かっていたはずなのに・・・。。

婚活パーティーは参加するたびに、『もう二度と参加するものか!』と、避けてしまうんですけど・・・、残酷な現実から逃げているからいつまでも経っても上手くいかないのかな。。と、思ってしまいました。( i _ i )

男性達からしたら、容姿が優れているわけでもなく、突出した魅力がある訳でもなく、その上、こちらに◯も付けてくれたわけでもなく・・・・。
そんな朝日に、話しかけようなんて奇特な男性は、そりゃあ、いないですよね。。(; ̄ェ ̄)

そういえば、こういったパーティーでは、『なるべく◯を付けるように。』ってどこかで見たような気がする・・・。と、今更ながら、大事な思い出し、なるほど・・。と深く納得してしまいました。
完全に、『後の祭り。』なんですけどね・・・・。(ーー;)

もはや、『誰も来なくて恥ずかしいっ。』なんてゆう気持ちも特になく、ぼぉ〜っと、周りを見渡していると、一ヶ所に複数人の男性が群がっていて、もしかして、あれがクルーズ・・いや、例のピアノの先生なのかな・・・。と、死んだ目で見つめてしまいました。。(-_-;)

ふと、朝日はイカダどころか、浮き輪なのでは。。と、そんな考えが、パッと頭に浮かんでしまいましたっ。

だって、いくらなんでも、他の女子たちと朝日が同じイカダっていうのは、申し訳なさすぎるし。。と、おかしなところまで思考が飛んでしまい、情けなさがピークに達し、泣いてしまいたい気持ちになってきました。。(T_T)

そんな時、眼鏡のぽっちゃりした男性と目が合い、軽くぺこっと会釈をされたかと思うと、こちらの方へ歩いて来て、、ナント、朝日の横に座ってくれましたっ!(°_°)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

カテゴリ:
気を取り直して、頑張ろう!と思ったのですが
、次々と入れ替わる男性と一生懸命会話をしていても、『どうせみんなクルーズ船にしか興味ないんだろうな・・・。』と思ってしまい、まったく気持ちが盛り上がらず、終始ダメダメでした。(><)

自分で思っていたよりも、イカダに例えられたことが、あまりにも衝撃的だったようで、思いの外、ずっと引き摺ってしまって。。(*_*)

本当に余計なことをしてくれたな。。という恨みはあるものの、あらかじめ分かっていた方が、強いショックを受けなくて良かったのかも・・・。という思いもすこしあり、、この短時間に一気に情緒不安定に。。(>_<)

とにかく、流れについて行くのに精一杯で、ふと気がつくと、一周全員との会話を終えていました。

司会の人「では、中間印象カードを回収します!」

最初の説明をろくに聞いていなかったため、急にそんなことを言われ、『ぇえっ?! (゚o゚;; 』となり、慌ててメモを確認して、◯をつけた中で、さらに顔を鮮明に思い出せる3人ほどに◎を付け、スタッフさんに渡しましたっ。

中間印象カードが配られ、恐る恐る確認してみると、朝日が◎をつけた3人中2人から、◎ではないものの、◯を付けてくれていましたっ。
◎を付けてくれている人も1人いたのですが、朝日のメモと照らし合わせて見てみると、大きく『✕』と書いていて、『ハッ!(°_°) 』とどういう人だったか思い出しました!

この男性、『お金はないけど愛はあります。選べる立場ではないので、年下の女性であればわがままは言いません。』というようなことを言っていた人だ。。( ;´Д`)

正直、会話も盛り上がっていないし、好印象を持たれるような事も言っていないし、、おそらく全員に◎を付けてるのでは・・・・。というような人だったので、実質、誰からも◎にしてもらってないのと同じだな。。と気付き、一気にへこんでしまいました。(T_T)

そして、恐怖のフリータイム。
気になる女性に向かって、一斉に動き始めた男性達を見て、薄々、『誰も朝日のところには来ないのでは・・』と嫌な予感を感じていたのですが。。


このページのトップヘ

見出し画像
×