アーカイブ

June 2020

カテゴリ:
和樹さんて、どんな時でも柔らかい表情というか、人好きする雰囲気に溢れている感じなので、目が笑っていない姿を見たのは初めてで、この時点で、すこし、ゾッとしてしまいました。(・・;)

流石に、和樹さんが怒らなそうなのをいい事に、ペラペラと今までの不満を喋りすぎたかも・・・っ。と、やり過ぎてしまったことに気づき、途端に青ざめてしまいそうに。。

そして、和樹さんがさらに続けた言葉に、驚愕してしまいましたっ。(O_O)

和樹さん「内心、『何こいつ体目的じゃん?!キモッ!』とか思ってた?」

朝日「・・・・・ぇえっっ?!Σ(゚д゚lll)」

あまりにも衝撃的な言葉すぎて、和樹さんの口から出た言葉だと、すぐには理解できず、思わず、聞き返してしまいましたっ。

朝日の驚き様とは対称的に、和樹さんから、呟くような声色で、こう聞こえてきました。

和樹さん「キモいって思われてたんならショックだな・・・信頼を失った俺が悪いんだけどね。。」

なんとも、皮肉めいた笑い方で、冷や汗が出そうになってしまいました・・・・。(;´Д`A

朝日が悪いわけじゃない、咎められるようなことは何もしていない。とは理解しつつも、まさか、こんな展開で話が続くとは思わず、いたたまれない気持ちになってしまいましたが、なんとか気を取り直し、口を開きましたっ。

朝日「いや違う!それは、、そんな事ないし!全然!」

案の定、グダグタになってしまいましたが、とりあえず、『そんなことは思っていない。』と、否定することに精一杯でした。


カテゴリ:
いつも、常にどこか余裕に見えていた和樹さんと違って、ほんとうに『失敗した。』と後悔している感じだったので、慌てて、言葉を続けましたっ。

朝日「いやっ、全然、嫌ってるなんてことはない!本当にっ。・・けど、その、店とかは本当にどこでも良かったんだけど・・・・」

勢いに任せて、口火を切ったはいいものの、素直に全部言ってしまっていいものなのかどうか、なんせ、『言い訳が嘘にしか聞こえなかったんで!』とは言いにくくて。。(*_*)

朝日「・・他の人と間違えられたの、誤解だって説明してくれたけど・・・正直、ちょっと無理がない・・・・?って思っちゃった。。」

あまり、よく考えないで話し出したので、まるで、気に入らないことで拗ねている子供みたいな言い方になってしまい、話しているうちにものすごく恥ずかしくなってきてしまいました。。
ただ、どうせこれで最後になるのなら、言いたいこと言っちゃえっ。と、開き直っていくことにしましたっ。

和樹さんは、なかなか要領を得ない朝日の話でも、遮ることもなく、聞く姿勢でいてくれたので、『あ〜ちゃんの件。』や『栗の件。』も、口下手な朝日なりに頑張って、なんとか伝えてみました。
和樹さんに限って、逆ギレして罵詈雑言を浴びせてくる。なんてことはないでしょうが、聞きたくない話ばかりでしょうし。。(; ̄ェ ̄)

和樹さん「う〜〜ん、、それは・・もう、ゴメン!としか言えない!」

あまりにも、あっけらかんと認めたので、こっちが、「えっ?!(゚o゚;; 」となってしまいましたっ。
そして、和樹さん自身も無理があると分かっていたんだな・・・とゆう気持ちも。。
まあ、当然といえば当然なのですが・・・・。(ーー;)

ここでさらに、過去のことを穿り出すのは、流石にどうかとは思いつつも、この雰囲気なら、今まで言えなかった、思っていたことを言えるかも・・・・。と思い、口を開きました。

朝日「・・やっぱり、前の泊まりの誘いとかもショックで、その前の付き合おうって言ってきたのに忘れられてたこととか。。イロイロ重なりすぎたから・・・・」

言葉を選びながら話していたので、ついつい、和樹さんから視線を逸らしてしまったのですが、言葉を伝えきってから改めて向き合うと、和樹さんが今まで見たこともない、苦虫を噛みつぶしたような顰め面をしていて、思わず、『ヒィッ?!Σ(゚д゚lll)』と、心の中で、悲鳴のような声が出てしまいましたっ。(*_*)


カテゴリ:
気持ちの変化にグッタリと疲れてしまいましたが、結果的に、兄弟気持ちにサッパリ区切りをつけられそうかも・・という気持ちになりました。
そう考えると、今日、和樹さんと会ってよかったのかも知れないな。。と思いました。

たしかに、二度も間違えられ、かなりのショックを受けましたが、今日来なかったら、朝日の中で和樹さんは良いイメージのままで、絶対『あの時、断らないで会えば、上手く行って、最終的には結婚していた道もあったかも知れないのに。。』と、和樹さんへの未練をダラダラと引きずってしまっていたのでは?とも思うので・・・。(−_−;)

そんな気持ちを抱えたまま、カフェを出たところで、ふいに和樹さんに目をジッと見つめられ、こんな言葉をかけられました。

和樹さん「・・あさひちゃん、元気でね。ネットは色々変なやつも多いから気をつけて。」

朝日「・・・・えっ?(O_O;) 」

完全に、想定していなかった言葉をいきなり掛けられ、一瞬、何を言われたかよく理解できず、ポカン。( ̄◇ ̄;) とアホ面を晒してしまいましたが、すぐに、あれっ。これって今から『お断り。』されるやつなのではっ?!と勘付き、一瞬で、背筋がピーンッ!となりましたっ。

複雑な思いで、和樹さんを見て「ぇえ〜と、、それって・・・。」と濁しながら返すと、和樹さんからはこう返ってきました。

和樹さん「いや、今日の俺、本当に最悪なことばっかしてたし、完全に嫌われちゃったんだろうな〜って。。いや、嫌われて当然なんだけど、、ごめんね。」

和樹さんの方から、最後の別れを覚悟したようなことを言われ、思わず、ギクッ!(゚o゚;; となってしまいましたっ。

考えてみれば、朝日よりよっぽど聡い和樹さんが、朝日の気持ちの変化に気が付かないはずがなく、たぶん、心の中で葛藤していたのもバレバレだったのでは。。と今更気付かされてしまいましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×