アーカイブ

April 2020

カテゴリ:
お互いどう呼び合うかも決まったところで、和樹さんから、『良い機会だから敬語もやめよ!』と言われたのですが、さすがにすぐは無理だから徐々に・・・。ということで、許してもらいました。

とはいえ、『敬語をやめよう。』と言われたのは、実はこれで2回目で、付き合うことになった時にも、そう言われていたのですが・・・。。
この感じだと、和樹さんは忘れちゃってる可能性が高いな。。と、すこし悲しくなってしまいました。(T_T)
『付き合おう。』と言ったことすら忘れてしまってるのだから、敬語がどうこうなんて覚えてる筈がないですよね。。

そんなことを考えて、1人で勝手に落ち込みそうになっていると、和樹さんが唐突に、こんなことを聞いてきました。

和樹さん「あ〜ちゃんはイチゴ好き?」

朝日「・・・えっ?あ、イチゴ?うん、好きです。」

一瞬、『あ〜ちゃん。』って誰?!と思い、つい、反応が遅れてしまいました。( ̄▽ ̄;)

朝日が『好き。』と返すと、和樹さんは「イチゴ美味しいよね〜。」と呟きながら、ケーキの上に乗っているイチゴにスッとフォークを刺したので、てっきり、そのまま食べるのかと思いきや・・・・。
その苺を刺したフォークを、ズイッ!と、朝日の目の前に差し出してきて、こんなことを言ってきましたっ。

和樹さん「はい、あ〜ん!」

朝日「・・・えっっ?!(゚o゚;; 」

いやいやっ、両隣の席も近いし、とにかく恥ずかしいっていうのもあるけど、普通に、人目が気になりすぎるんですけどっ。。(@◻︎@;) 

せめて、学生カップルとかなら、まだ可愛らしいのかも知れないけれど、、朝日の『あ〜ん。』姿なんて、人様のお目汚しにしかならないし・・・・。
和樹さんは、そこらへんの常識は分かっているというか、同じ意識を持っている人だと思っていたのですが。。(*_*)

でも、こんなに良い雰囲気なのに、ここで下手なことをして嫌われたくないっ。とゆう思いが何よりも勝り、恥ずかしさを押し殺して、なんとか口をこじ開けましたっ。


カテゴリ:
あだ名で呼ぶくらいで『気絶する。』って思われてしまっている朝日って、一体、なんなの・・・・。と、恥ずかしいやら情けないやら、複雑な気持ちになってしまいました。。(*_*)

改めて、和樹さんには、朝日がこういうのに慣れていないことなんて、とっくにバレバレなんだろうな・・・・。と思うと、こう、何かに隠れてしまいたいような気持ちというか。。
十代二十代なら、それがむしろ可愛らしく思えそうですが、朝日はこの歳になっても大人の女性の魅力は皆無だし、かといって、見た目も可愛らしいとゆう言葉とは程遠いので。。

とはいえ、今更すぎる話をこねくり回しても仕方ないので、もう、そんなことを気にしないで、突っ走って行くだけだ!と、覚悟が決まりましたっ。

朝日が『あ〜ちゃん。』と呼ばれることについて、すぐ反応できずにいると、和樹さんがこんなことを言ってきました。

和樹さん「あ〜ちゃんは嫌?」

朝日「あ、いえっ!嫌ってことは全然ないんですけど、初めて言われたので。。」

朝日の返しに、和樹さんはすこし驚いたような顔をして、「今まで、あ〜ちゃんって呼ばれたことないの?!」と聞いてきたので、『あ〜ちゃん。』って、そんなにメジャーなあだ名なの?!と、こっちが驚いてしまいました。(O_O;)

朝日「あ〜ちゃん、はないかな・・・、あさちゃんとかはありますけど。」

和樹さんは「あ〜、あさちゃんね。」と納得したような声を出して、「でも、俺は『あ〜ちゃん』って呼びたいから呼ばせて?」と、またすごい心を掴みそうな顔で、そんなことを言うので、カクカクと頷く事しか出来ませんでした。

向こうが『あ〜ちゃん。』なのにこっちは『和樹さん。』と呼ぶのは、さすがにおかしいと思い、和樹さんのことはなんと呼べばいいかと尋ねると、「好きに呼んでいいよ。」と言われてしまい、こういうのが大苦手な朝日はすぐに思い付くことが出来なかったのですが、和樹さんの提案もあり、最終的には『かずくん。』で落ち着きました。
朝日が『かずくん。』と頑張って呼ぼうとすると、なんとも言えぬ笑顔で凝視してくるので、むず痒すぎて、おかしくなってしまいそうでした。。(;´Д`A

ふと、いつのまにか、インスタの話はどこかへ吹っ飛んでいたことに気がつきました。
和樹さんのことなので、多分意図的に話を逸らしたのだと思うのですが、相変わらずの手腕だと感心してしまいました。(O_O)
とはいえ、しつこいようですが、インスタのことは流石に、朝日の心には深く刻み込まれていて、そうそう忘れることは出来なさそうなのが辛いです。。(−_−;)

しかし、和樹さんは、そんな朝日の傷を打ち消すかの如く、朝日を驚かせる、さらなる行動をしてきましたっ。(゚o゚;; 


カテゴリ:
なんだか、だんだん、テンパっている和樹さんをあまり見たくない・・。とゆう気持ちになってきて、いい加減にこの話を終わらそうと、再度、挑戦してみたのですが。。

朝日「ぇえ〜と、インスタはもういいので。。( ̄▽ ̄;) とりあえず、食べちゃいましょっ。」

朝日がそういうと、和樹さんが、「あっ!」と、なにかを思いついたような声を上げたので、視線だけで『なに?』と問いかけてみると。。

和樹さん「カップルアプリはどう?」

朝日「か、カップルアプリ・・・?」

ぇえと、正直、そういうものに、今までまったく縁がなく・・・。( ̄◇ ̄;)
そういうアプリがあるらしい。ということだけは知っている程度で、どういった系のアプリなのか、何をするのか分からないんですけど。。

これって、『使ったことないからよく分からない。』って言ったら、引かれちゃうものなのかな・・・?そういうことすら、まったく分からず。。(*_*)
それに、こういうのって、学生の子とかが使うものだと勝手に思っていたので、自分の人生に関わることは一生ないと思っていました。。(;´Д`A

そもそも、インスタの話から、なぜ、カップルアプリの話に・・・・?
和樹さんなりの、インスタを教えられないお詫びの気持ちなのか分かりませんが、そんな、朝日の機嫌なんて取ろうとなんてしなくていいから。。と、卑屈な気持ちになってしまいました。(−_−;)

そんな風に、頭をぐるぐる巡らせていると、朝日が返事を返す間もなく、こんなことを言ってきましたっ。

和樹さん「ねね、これからさ、朝日さんのこと、『あ〜ちゃん。』って呼んでもいい?」

朝日「・・・はぃッ?!(゚o゚;; 」

まだ、カップルアプリの件の処理もできていないのに、突然、そんなことを言われ、頭の中は一気にパニック状態にっ。( ̄O ̄;)

和樹さん「ずっと気になってたんだけど、いきなりあだ名で呼んだら、朝日さんビックリして気絶しちゃうかと思って、タイミング伺ってたんだ。」


このページのトップヘ

見出し画像
×