アーカイブ

March 2020

カテゴリ:
向かい合わせにいる、朝日のお相手と思われる男性の、第一印象としては、『明るそうな、酔っぱらいおじさん。』とゆう感じでしょうか・・・・。( ̄▽ ̄;)

すこし、源助さんに似た雰囲気を持っていて、最近はこういう系の人と縁があるのかな。。なんて思ってしまいました。
すでに飲んでいたのか、だいぶ赤ら顔になっていて、まんまるな顔と相まって、真っ赤なたぬきが頭に浮かびました。。(⌒-⌒; )

顔を合わせてからの、第一声が「俺、よっちゃんね!よろしく!」で、ぉお・・・フレンドリーでグイグイくるタイプの人なのか。。と、後ずさりしてしまいそうになりましたが、話し始めると、陽気なキャラクターの雰囲気と相まって、嫌な気持ちにはなりませんでした。
朝日は口下手なので、上手く話の流れを作ってくれる人だと、とても安心します。。

パッと見では、源助さんに似た印象を持ったものの、よくよく見ると、全然若いし、清潔感もちゃんとあるように思えました。
とはいえ、よっちゃんは朝日とそう歳も変わらなかったので、源助さんより若く見えたのは当然ですね。。
それに、振られてしまった悔しさみたいなものから、源助さんへのイメージが、勝手にどんどん、悪くなっていってしまっているのかも知れません。。( ̄▽ ̄;)

最初は、この『よっちゃん。』についていけるか不安になったものの、たくさん喋ってくれる人は好きなので、思いの外、楽しく話すことができました。
ここ最近は、プライベートで男性と一対一で話すことなんて、婚活で出会った男性との面接ぐらいしかなかったので、とても新鮮な気持ちでした。

当然ながら、婚活の面接で男性と会うのとはまったく違い、こう、『相手を見定めなきゃ!』とか、『すこしでも良く見えるように!嫌われないように!』と取り繕ったり気負ったりもしなくていいので、どうしても恋愛結婚じゃなきゃ嫌!とゆう人の気持ちもすこし分かりました。
とはいえ、朝日には無理そうだし、よりイロイロな人と出会える。しっかり相手を判断出来る。というメリットもあるにはあるので・・・・。
悲しいことに、朝日はまったく生かせてませんが。。(⌒-⌒; )

よっちゃん。と休みの日は何をしているのか。とゆう会話をしていると、突然、Mちゃんの彼氏が「よっちゃん、アレ話しておかないと駄目だよ!」と、なにかを忠告し出し、『アレ。って、な、なに・・・・?』と怯んでしまいましたっ。( ̄O ̄;)

そこで、パッと思い浮かんだのは、もしかして、バツイチ・・・・?と、いうものでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


カテゴリ:
源助さんという選択肢がなくなった今、焦りからどうしても、和樹さんに縋りそうになってしまい、『冷静に冷静に。』と、心の中で自分を諭しました。

何回かラインでやり取りし、無事に会う日も決まり、その日に向けてイロイロと調整していかないとっ。と気合いをいれる中、和樹さんから、こんなラインの返信が・・・・。

和樹さん『あと、多分大丈夫だと思うんだけど、もしかしたら、前日になってキャンセルとかしちゃんかも知れない!(>_<) そうなっちゃったらごめんね!』

ぇえ〜・・・、まあ、前みたいに、ドタキャンされるよりは、前もって言ってくれる方が、まだ、いいですケド。。
そう言われるのも、結構、困っちゃうんですよね・・・予定も立てられないし。。(−_−;)

まあ、今の朝日には、悲しいことに、そこまで重要な用事は無いのですが・・・。(⌒-⌒; )
和樹さんとの約束は当てにならないと、散々、学習しているので、もう一ミリも期待しては駄目!と心に刻むことにしました。。

そんな時、友人から、いきなり『男女で飲み会をやるんだけど、朝日ちゃんどうかな?』と、お誘いのラインがありましたっ。
ハッキリとは言ってませんが、これって、要はコンパってことで良いのかな・・?(°_°)

誘ってくれたのは、朝日の友人の友人Mちゃんで、朝日と友人とMちゃんの3人で、数回食事をした程度なんですが、ある程度、人柄は知っているし、友人は信頼出来る子なので大丈夫だろう。と思い、ありがたくお誘いを受けましたっ。
正直、こういった誘いを貰うのも、ほんっとうに久しぶりで、前は、嬉しい気持ちもありつつも、男っ気がないのを哀れまれてるのかな・・・?と、僻んだ気持ちが、すこしあったのですが、今はただただ、ありがたい。とゆう心境でした。

それか、諦めの境地に達してしまったのかも知れません。。(⌒-⌒; )

てっきり、Mちゃんも彼氏募集中。なのかと思っていたのですが、Mちゃんには彼氏がいるらしく、その彼氏の友達たちが、彼女を欲しがっている。という流れから、飲み会を開くことなった。と経緯を説明をしてくれました。

そして、飲み会当日。
Mちゃんカップルを含め、男女4人ずつで集るらしいのですが、先に会った朝日以外の女の子2人は、20代後半の可愛らしい女の子たちで、もう彼女たちに挨拶をした時点で、これから先の想像がついてしまいました。。(−_−;)

男性たちが待っているという居酒屋へ向かい、案内された席に行くと、そこには、明らかに一人歳上の男性がいて、当然のように、その男性と向かい合わせの席を勧められ、あ・・・やっぱりこの人は、朝日の為の人選なんだ。。と、すぐに察してしまいました。。 ( ̄▽ ̄;)


カテゴリ:
どちらかといえば、和樹さんの方により魅力を感じていたし、もともと、本命は和樹さんだったハズ・・・・。
それにしても、とても悲しいことですが、今回のことで『朝日は選べる立場になる事など、あり得ない。』と、痛いほど身に染みました。。(T_T)

源助さんが駄目になったから、和樹さん一筋で頑張ろ!と、気持ちをうまく切り替えられたら良いのですが、和樹さんと本当にうまく行けるかどうかが、まったく見えてこなくて・・・・。
源助さん相手には、それなりに先を考えて、その上で、あーだこうだと悩んだりすることができたんですけど。。

こうなったら、ずっとモヤモヤしていた『お付き合い。』の件も、ハッキリさせなくてはっ。と、次に会った時に聞こう聞こう。と思っていましたが、源助さんに振られてしまったショックで、もういてもたってもいられなくなり、今すぐラインで聞いちゃえっ!と思い立ちましたっ。

ちょうど、和樹さんからスケジュールについてのお伺いのラインが来ていたので、それに返信をするついでに、こう送ってみました。

朝日『 〜 あと、突然なんですけど、和樹さん、私に付き合おうって言ったこと、覚えてます?』

朝日にしては珍しく直球で尋ねてみたので、返事がどう返ってくるか、ドキドキしながら待っていると、数分後、ポンっとラインの通知音が鳴りましたっ。

和樹さん『はい、覚えてるよ!』

正直、このメッセージを見た瞬間、ぇえ〜・・?本当かなァ・・?と思ってしまいました。(; ̄ェ ̄)
まあ、和樹さんなら、まったく覚えてない場合でも、こんな風に答えるだろうな・・と、なんとなく思っていたので、予想通りの返事ではあるのですが。。

いつも、和樹さんの話に上手く流されてしまう朝日ですが、この件はさすがに、今までの言動や行動から『絶対、覚えてない。』と確信めいたものを感じていたので、『覚えてる。』と言われても、鵜呑みには出来ませんでした。
ただ、『そんなこと言ったっけ??』と言われるパターンも想定していたので、そうではなかったことに、ひとまず安心しましたが。。

安心したのも束の間、改めて考えてみると、こんなひとつひとつのことに疑ってしまうような相手と、お付き合い。はたまた、結婚・・・なんて、出来るのかなァ。。(ーー;)と、本当に今更過ぎるのですが、不安になって来ました。


このページのトップヘ

見出し画像
×