アーカイブ

February 2020

カテゴリ:

朝日さん「・・あっ、だからさっき、クーポンの話・・・。」

なるほど、それでか〜。と、いきなり、クーポンの話を振られたのにも、その後の様子にも、納得がいきました。

源助さん「その事なんですけど・・すみません。無意識だったんですけど、朝日さんを試すような真似をしてしまったかも知れません。。」

朝日「えっ・・?(°_°;) いえっ、私は全然気にしてないので!」

当然ですが、許せるところ・許せないところ。というのは、それぞれ違っていて、たまたま、その女性と源助さんが合わなかっただけだと思うし、正直、『長いこと婚活やってると、そんなちょっとした価値観の違いなんて、山ほどありますよ!』と、ものすごく言いたくなりましたが、まあ、言えるわけないですよね。。( ̄▽ ̄;)

ひとまず、とても落ち込んでいる源助さんの様子を見て、「イロイロな考えの人がいるから、そうゆう女性もいるかもしれませんけど・・・、気にしない子だって多いと思うし、そんなに気にしなくて大丈夫ですよ!」と言葉を掛けました。

それに、もしその女性が、そういう事をまったく気にしない女性だったら、そのまま源助さんと上手くいって、もう朝日と源助さんが会うことは無かったかもしれない。と思うと・・・、なんとも複雑な気持ちに。。(; ̄ェ ̄)

そんなことを考えていると、源助さんがボソッ。と、こんなことを聞いてきましたっ。

源助さん「・・朝日さんは、上手くいってますか・・・?」

一瞬、『・・・んんっ?(°_°)』となりましたが、すぐに、『えっ、もしかして、和樹さんのこと言ってるっ?!』とハッとなりましたっ。

何を言いたいのか気付いたものの、咄嗟のことで、なんと返したらいいかまったく分からず、「な、何がですか・・・?」と、一旦、しらを切ることにしましたが、源助さんから「前に言っていた、他の男性の・・・」と、ハッキリと返されてしまいましたっ。Σ(゚д゚lll)


カテゴリ:
『他の女性と会った。』と伝えられ、ここで振られてしまうことを覚悟したものの、話はだんだんと、朝日の想定外の方向に向かっていきました。

源助さん「それまでは普通だったのに、それから、いきなりトゲトゲしいというか、不機嫌な感じになって・・。」

ただでさえ、たれ眉の源助さんの眉毛が、落っこちてしまいそうなほど、八の字になっていて、その時の、戸惑いの気持ちがものすごく伝わってきました・・・。(*_*)

源助さん「怒っている理由がまったく分からなくて・・・、俺が奢った事が、彼女にとっては失礼だったのかも知れない・・と思ったり。。」

話を聞いているうちに、だんだんと、カウンセラーのような気持ちになって来ましたが、(⌒-⌒; ) 男性の視点で、直接こういった面接の話を聞くことなんてないので、なんだか、新鮮な気持ちでした。

源助さん「結局、どうしたらいいのか分からないまま別れて、帰宅したら『初対面でクーポンを使われてショックだったし、良い歳の男性が小銭を浮かせようと必死で恥ずかしかったです。』というような連絡を貰って・・・。」

朝日「ぇえっ・・・?(@□@;)」

クーポンひとつでそこまで気にするっ?!と思いましたが、そういえば、知り合いにも『クーポンを使う男なんて絶対イヤ。』と言っていた女性がいたかも・・・。と、思い出しました。

ただ、源助さんの場合は、婚活でもよく見かける『ものすごく偉そうなオレ様系の上、ケチ。』のようなパターンでもなく、なんなら奢ってくれたのに、なにもそこまで言わなくても・・・。と、思ってしまいました。

まあ、まったくモテない朝日からしたら、奢ってくれただけで嬉しいっ。と単純に思ってしまいますが、(; ̄ェ ̄) そういうのが普段から当たり前の女性なら、『もっとスマートに奢って!』と思うのかな・・?とも思いました。
件の朝日の知り合いの女性も、バリバリ仕事のできる、美人な方だったので・・・。

ふと、さっき源助さんが、クーポンの話題になった時、やけに朝日の様子を伺っていたことを思い出しました。


カテゴリ:

源助さん「すごいですよね・・・。そんな数の女性と連絡してたら、もう何が何だか分からなくなっちゃいそうです。」

朝日「そういう器用な人も中にはいるみたいですね〜・・私は不器用なので無理ですが。。」

自分で言いながら、いい加減『不器用アピール。』しすぎだって・・・。と、分かってはいるのですが、失敗を取り戻そうと、つい口が止まらなくって。。(ーー;)
言ってる事は、至って本当のことで、嘘は全くないんですけど、なんだか、図星を指されて必死に言い訳をしている感じになってしまい、誤解されてしまうとさらに焦り、悪循環に陥ってしまいました。

そんな朝日の、一連のアタフタ劇場でしたが、源助さんは、とくに気に留めていなかったようで、想定外の、衝撃的な一言を投げかけて来ましたっ。(O_O)

源助さん「・・実は、この前、ほかの女性に会ってみたんです。」

朝日「・・・え?・・ぇえっ?!(゚o゚;;」

これには、本ッ当に驚いてしまいましたっ。

『他の女性に会った。』という事にも、もちろん驚いたんですけど、それ以上に、朝日にそれを言うって、どうゆうことっ?!前に朝日が言ったことへの、し、仕返し的な・・・・?と、慄いてしまいましたっ。
源助さんに限って、そんな陰湿なことはしないと思うのですが、よっぽど朝日の発言に腹が立った。とか・・・?と、一瞬にして、背筋が凍ってしまいました。。(T_T)

朝日「・・・あ、へ、へぇ〜・・そうなんですね・・・。」

一体、どういった反応をするのが正解なのかも分からず、なんとも白々しい返事になってしまったのですが、源助さんは、ここでも特に気にした様子はなく、続けて、こんなことを言って来ました。

源助さん「食事をして・・そして、会計の時に、クーポンを出したんです。」

朝日「・・・・ヘッ?!(@◇@;)」

ここでまさか『クーポン。』の話題が出てくるだなんて、1㎜も思っていなかったので、思わず、気の抜けた変な声を出してしまいましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×