アーカイブ

February 2020

カテゴリ:
見る前から、最悪な予感がしてしまって、絶対『お久しぶりです』の続きは『朝日さんとは無理だと思ったので、連絡もこれきりにして頂ければ助かります。』とか書いてあるんだ・・、と、ネガティブな内容ばかり頭に浮かんでしまいました。。
いい加減、そんな自分に嫌気がさした所で、ようやく覚悟が決まり、ラインを開きましたっ。

源助さん『お久しぶりです。まったく返信をせず、不安にさせてしまったかと思います。本当にすみません。朝日さんに直接会って話がしたいのですが、お時間頂けますでしょうか?』

ひとまず、想像していた朝日を打ちのめすようなメッセージでないことに、ホッとしてしまいました。(T-T)

そして、ちゃんと『不安にさせてしまって 〜 』と、謝ってくれるのが、なんとも源助さんらしいというか。。
婚活なんて、自然消滅が当たり前で、返事が返って来なかったことなんて、もう数え切れないほどあるわけで、、たぶん、源助さんはずっと、罪悪感を感じてしまっていたんだろうな〜。と思いました。

もちろん、性格もあると思いますが、源助さんの場合、婚活を始めたて。というのも大きいのかな〜・・なんて。。
長いこと婚活を続けていると、イロイロと、荒んでしまいますからね・・・・朝日だけかも知れませんが。。( ̄◇ ̄;)

しかし、源助さんは、以前から、ラインでも丁寧な言葉遣いでしたが、なんだか、いつも以上に堅苦しい文面に感じてしまい、先程の緊張とはまた違う、妙な緊張感が。。

・・ぇえ〜と、これは、これからも続けていくつもりがある。と、そう思っていいのかな・・・・?
終わらせるつもりなら、わざわざ『会いたい。』とは言わないだろうし・・・。と、そう思ったところで、源助さんなら『ちゃんと会って断らないと失礼になる。』というのもあり得そう。。と思ってしまいました。

取り敢えず、会うことを承諾した返信を、急いで送りましたっ。


カテゴリ:
婚活って一期一会だし、これを逃したら、もう二度とこの二人と関わることはないんだ・・・・そう思うと、『このまま終わるのは嫌!』とゆう気持ちになりました。

そう決心をして、和樹さんには『最近どうですか〜?』と、さり気なさを装ったお伺いのラインを、源助さんには『前に変なことを言って〜』と、今更ですが、あの大失言の謝りのラインを送りました。

すると・・・・、ナント、和樹さんからは数時間後に返事が来ましたっ。(°_°)

和樹さん『久しぶり〜この頃ちょっと立て込んでて・・(^◇^;) 最近全然会えてないよね?また近々ごはん行きましょ!予定空ける!』

これは・・・・。。(*_*)
こんな感じじゃ、とてもじゃないけど、『お付き合いしている状態。』だなんて言えないし、そもそも、『付き合おう。』と和樹さんから言ったことすら、覚えているのかどうか怪しくなって来ました。。
まあ、この様子だと、意図的に縁を切ろうとしている。とゆう訳ではなさそうですが、完全にどうでも良いというか、、なんというか、忘れられていた感・・・・?(T_T)

というか、これじゃあ、終わらせようとしている以前の問題なのでは・・・・?と、思ってしまいました。。

和樹さんの中では、何も始まってもいないかも知れないと思うと、今までの朝日のグダグダは、一体、何だったんだろう。。とゆう気持ちに。。
こうなってくると、ますます、源助さんに本当に馬鹿なことを言ってしまったな・・。(T_T)と、今まで以上に、後悔が募ってきました。

そして、予想していた通り、源助さんからは返信はなく。。(*_*)
もうこれで完全に終わった・・・。と、さすがに、諦めの気持ちになりました。

しかし、それから1週間後。
ナント、あの日以来、まったく連絡が来なかった源助さんからラインが、いきなり来ましたっ。(°_°)

通知は『お久しぶりです・・』から始まっていましたが、内容を見るのが怖くなり、なかなかラインを開く勇気が出ず、しばらくモダモダとしてしいまいました。。


カテゴリ:
考えてみれば、婚活連敗中・・・いや、大連敗中の朝日に、こんな立派なプレゼントまでくれるほどの好意を示してくれる男性なんて、奇跡ともいえる存在だったのに、、あろうことか『他に会ってる男性がいる。』なんて、匂わせどころか、直球で相手に言ってしまうなんて・・・・。
イロイロと失敗ばかりしている朝日ですが、朝日の婚活史上、一番の大失敗をしてしまったと思いました。。(T_T)

そして、相変わらず、お付き合いしているハズの和樹さんからの連絡も、まったく無い状態で。。
源助さんはともかく、和樹さんの方は朝日からラインを送れば、何かしら、返事が返ってくるような気はするのですが、今は、そんな気力も勇気も、湧きません・・・。(T_T)

・・というか、もしかして、これ、2人ともに振られてしまった、まさに『二兎を追う者は一兎をも得ずパターン。』になってしまったのでは・・・・?と、今更になって、ようやく、気付き始めてきました。。
いえ、本当は、もうとっくに、気づいてはいたののですが、あまりにもしんどすぎる現実のため、深く考えないように、自分を誤魔化していたんです。(T_T)

ですが、これはもう、認めざるを得ないんだな。。と、現実逃避から眼を覚ます覚悟が出来てきました・・。
珍しく、2人もの男性と上手くいってたから調子に乗っていたんだな・・と、今になって、そんなことを考えてしまいました。(T-T)

正直いって、源助さんにはイロイロと思ってしまうところもあったのは事実なのですが、、それでも、それを補うくらい魅力的な部分があったし、何より、朝日にちゃんと向き合って、好意を示してくれた男性で・・・・。
なんというか、駄目になってしまって、初めて分かった貴重さというか、単純に『惜しくなった。』と言われてしまえばそれまでなのですが。。

でも、最後にもう一度、メッセージを送ってみようかな・・・。と思いました。
『あんな風に言っておきながら、今更何なんだ。しつこい。』と思われてしまいそうですが、どうせ、駄目になってしまうのなら、最後に一か八か送ってみようと決めましたっ。
ついでと言ってはなんですが、この勢いのまま、和樹さんにも送っちゃえ!と、2人ともに、ラインを送信しましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×