アーカイブ

January 2020

カテゴリ:
なんとも言えぬ気持ちで、プリザーブドフラワーを見つめていると、源助さんがこんなことを言って来ましたっ。

源助さん「黄色も可愛かったんですが、やっぱり朝日さんには、ピンクが良いのでは?と思い、花もこのリボンもピンクで〜 」

そんなに、真剣に選んでくれたのっ?!(゚o゚;; とビックリしたのと同時に、ますます、『思いが強すぎる・・・。』と怖気付いてしまいました。
そんな気持ちが、顔に出てしまっていたのか、何やら勘違いした源助さんが、こう言ってきました。

源助さん「黄色の方が良かったですか?」

朝日「あ、いえっ、そういう訳じゃなくて!こうゆうのって誕生日とか、特別な時に貰うような豪華なものを、こんななんでもない時に貰っちゃって贅沢だな〜・・って。。(⌒-⌒; )」

しどろもどろになりながら、ものすごくオブラートに包んで、気持ちを言ってみたのですが・・・・。

源助さん「それなら、誕生日はもっと豪勢なの用意しておくから気にしないで下さい。(^_^)」

それは・・・こんな風に言われたら、喜ぶべきなんでしょうけど、、けどッッ!(*_*)
どうゆう反応を返して良いか分からず、「いやいや、そんな・・(⌒-⌒; )」と曖昧に笑って、その場をやり過ごしてしまいました。。

いつまでも出しているわけにも行かないので、プリザーブドフラワーを丁重に箱の中に戻し、紙袋に入れたのですが、、心なしか、中身が判明する前よりも、分かった今の方が、余計に『ズッシリ。』とした重みを感じるような気がしてしまいました。(; ̄ェ ̄)

前回今回と続いて、貰いっぱなし。という訳にはいかないので、朝日からも、なにかお返しをしないと・・・・。
こういうのって、お返しをしなくちゃいけないというのが、また、イロイロと考え過ぎて、負担に感じてしまうタイプなもので。。(ーー;)

それに、こんなに、真剣に選んでくれた物だから適当なお返しは出来ないし・・と、気持ちは嬉しかったのですが、悩みのタネがまたひとつ増えてしまいました。。(*_*)


カテゴリ:
リボンに王冠のリングのようなものが付いているのが見え、えっ?!と、心臓が急にドクドクし出してしまいましたっ。(゚o゚;;
いやいやッ、まさかね・・・と、目を凝らして、もう一度、凝視してみると、『う〜ん、、指輪にしては小さすぎる・・・?』と思いました。

なので、これはべつに、『指輪。』とゆうわけではない・・・・?と、結論づけたものの、大きさ的にはピンキーリングっぽい感じだけど・・・と、悩んでしまいました。
もしも、付き合っている状態で彼氏にこれを渡されたら、間違いなく『プロポーズ?!』って思ってしまうような代物だと思います。。(; ̄ェ ̄)

それじゃなくても、プリザーブドフラワーって、決して気軽に買えるような値段のものではないし・・・・。
それに、あまり詳しくない朝日でも、これはかなり良い物なのでは・・と分かるぐらいしっかりとした物だと思いました。

正直、もっと手軽な、お菓子とかならいいな〜。と思ってたので、二つの意味で重く感じてしまうこの品を、はたして、本当に貰ってしまっても良いのでしょうか・・・・。(*_*)
でも、これは、「すみません、返します。」と、つき返せるようなものでもないしなァ。。と、そんな風に、喜びつつも、心の中で、イロイロと考えてしまい。。

朝日「でもやっぱり、こんな立派なプレゼントを貰ってしまうほどのことはしてないですし・・・」

テンパっていたせいで、自分でも、何言ってるんだ・・・。と、思うようなことを口走ってしまい、案の定、「そんなの気にしないで〜」と言うようなことを言われながら、源助さんの目の圧に圧倒されてしまい、たじたじになってしまいました。。(;´Д`A

今まで、こういった贈り物をされたことが無さすぎて、断り方もよく分からなくて、、結局、押されるまま、「じゃあ・・・ほんとうにこんなステキな物をありがとうございます。」と受け取ってしまいました。。

あと、この指輪?っぽいものは、ただの飾りで、べつに源助さんが指輪として贈って来た。とゆうわけじゃないと思っていいのかな・・?と、すこし不安になりましたが、ストレートに尋ねるのも怖くて、結局、聞くことはできませんでした。。(*_*)



カテゴリ:
源助さんには申し訳ないのですが、遠慮とかではなく、本当に困ってしまい、「ありがとうございまーす!」と、軽く受け取るようなことは出来ませんでした。

源助さん「俺があげたいからあげただけなので、どうぞ。」

そう言いながら、紙袋をそっと押されたのですが、それでも「でも・・・」と、戸惑っていると、続けて、こう言ってきましたっ。

源助さん「朝日さんのために選んだものなので。俺が持ってても仕方ないので・・・貰ってください。」

そんな風にまで言われてしまったら、もう、断れません。。(@_@)

なにより、気持ちは嬉しいし、モテない朝日には、こんな風にプレゼントを貰うことなんて滅多にないので。。
紙袋をすこし持ち上げながら「ありがたく受け取らせてもらいます。ありがとうございます。」と言い、ペコっと軽く頭を下げました。

貰ってしまった・・・と、戸惑いと嬉しさの狭間で揺れていると、お互い沈黙になっていることに気付き、『んっ?』となってしまいました。(°_°)

え〜と・・、この妙な間って、もしかしてここで中身を開けろってことっ?!( ̄O ̄;)
源助さんが、本当にそう思っているのかどうかは分かりませんが、なにやら期待した目で見つめられているような気がしてしまい、『えっ、な、なにっ?』と焦ってしまいました。

こんな人でごった返しているところで、いそいそと、袋の中を広げるわけにも行かないので、「ありがとうございます、後で見てみていいですか?」と言ったことで、その場はなんとか収まりました。

その後、ふらふらとショッピングを楽しみ、すこし休憩しようか。となったので、珈琲店に入りました。
案内された席へ着くと、開口一番、源助さんから『待ちきれない。』とゆう感じで、「それ、開けてみたらっ?」と言われたので、開けてみることにしました。
紙袋の中で包装を解こうとしましたが、周りに人もいなかったので、取り出して見てみることにしました。

なにやら四角い箱を開け、頑丈な梱包に守られているものを取り出してみると、ドーム型のプリザーブドフラワーでしたっ。(°_°)

朝日「えっ、すごい可愛い!・・・でも、こんな立派なの・・・」

「貰うわけには・・・」と続けようとしたところで、あることに気が付き、『んんっ?!』となってしまいましたっ。(°_°)

ガラスドームのてっぺん部分に、ピンクのリボンがあしらわれていたのですが、よくよく見てみると、そのリボンに王冠のリングのようなものが付いていて、『えっっ?!、こ、これは・・・?!( ̄O ̄;) 』と、ビックリしすぎて、固まってしまいましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×