アーカイブ

2019年11月

カテゴリ:
映画の時間になったので、劇場に戻ると、「ポップコーンでも買いましょうか。」とEさんが言い、売店に向かい出したので、慌てて「チケットとぬいぐるみのお礼にここは出させてくださいっ。」と言い、ポップコーンとドリンクのペアセットを購入しました。
今日奢ってもらった半分にもなっていませんが・・・、(ーー;)朝日の気持ちが伝わったのか、「ご馳走になります。」と、すぐに返してくれたので、ホッとしました。

チケットをもぎられ、スクリーンに向かう途中の廊下に、男性数名が何やら群がっていて、何があるんだろう?と思い、ヒョイっと覗いてみると、何かのキャラクターのパネルが並べられていました。
あ、これ、さっきEさんが見てたポスターの女の子たちのパネルだ・・・と気がつき、何気なく、Eさんをちらっと見てみると、なんとなく予想していた通り、そのパネルをジィッと凝視していましたっ。(°_°)

やっぱりEさんて、このアニメが好きだったりするのでは・・・・?
趣味は人それぞれだと思うので、あまり偏見はないつもりですけど、その辺のことはまったく分からないので、あまりにも熱狂的だったりしたら、さすがにすこし戸惑うかもな。。と思ってしまいました。

まあ、朝日が『好きなのかな?』と思っただけで、本当に好きかどうかは分からないのですが。。(⌒-⌒; )
かといって、直接「このアニメ好きなんですか?」と聞く勇気もなく・・・・。

中に入り席に座ると、やっぱり距離が近くて緊張するな。。と思いましたが、映画が始まると、すぐに話に夢中になり、Eさんが隣にいることも気にならなくなりました。
途中でシリアスなシーンになり、劇場が静まり返ったのですが、その瞬間、隣から寝息のようなものが聞こえましたっ。(゚o゚;;
えっ?もしかして寝てるっ?!と驚きすぎて、小声で『ぇっ・・』と、声が出てしまいましたっ。

その朝日の声は届きませんでしたが、ちょうど爆音とともに画面が明るくなり、その瞬間、パッと目を開けたEさんと目があってしまいましたっ。(°_°)
最初は半目で、パチパチと瞬きをしていましたが、朝日が見ていると気づいた瞬間、『・・・んっ?』と、いかにも『いや、寝てませんけど??』みたいな顔をしていて、いやいや、明らかに寝てましたよね。。(・・;) と、思ってしまいました。

これが大人しめの映画なら、まだ分かるのですが、音も映像も激しいアクションもので、よく寝られるな。。(°_°) と、寝たことを責めるよりも、感心してしまいました・・・。
よっぽど疲れていたのか、その後もウトウトとしている様子で、朝日が誘ったわけではないにしろ、疲れているのに申し訳なかったかな・・。と次第に話に集中できなくなってしまいました。。


カテゴリ:
クレーンゲームがあんなにハラハラとするものだとは思いませんでした。。(; ̄ェ ̄)
朝日のために苦労して取ってくれたので、いつもよりもテンションを上げて、感謝の言葉を言いましたっ。

朝日「本当にありがとうございます。姪も大喜びだと思いますっ。」

店員さんが袋に入れて、朝日に手渡してくれ、Eさんは満足気にニコニコと笑ってくれていましたが、このぬいぐるみひとつに、かなりのお金を使わせてしまったと思うと、申し訳ない気持ちがフツフツと湧き上がってしまい・・・。(;´Д`A

朝日「あの・・・、貰いっぱなしじゃアレなので、、いくらぐらいかかりましたか?出させてください。。」

朝日のために取ってくれたのだろうし、これはプレゼントとしてありがたく受け取っておいて、余計なことは言うべきではない。と思ったのですが、あれだけ苦戦して、チャリンチャリンお金を入れていた様子を見ると、そんな簡単に『取ってくれてありがとうございます!』なんて受け取れません。。

ただ、Eさんのことだから、朝日からお金を受け取ったりはしないだろうな・・と思いましたが、予想通り首を横に振り、「こういうのって取るのが楽しいんですよ。」と笑って返され、さらに「いつもは貰ってくれる人がいないので、朝日さんが喜んで貰ってくれたので助かります。(^-^)」と返され、Eさんて、魅力的な人だな〜。と、しみじみ思ってしまいました。

Bさんも、アレコレと朝日の知らない話をしてくれる、話し上手で気遣いの人ではあると思うのですが、Eさんの場合はさらに自然で、相手に負担をかけない、さり気ない気遣いが出来る人だな〜。と思いました。

最初は、バツイチ。というのが気掛かりでしたが、一度でも結婚したことがある男性は、やっぱり違う感じだな〜。なんて、思ってしまいました。。(⌒-⌒; )
そして、後で聞くタイミングがあったら、離婚の話について、すこしでも聞きたいな・・と思いました。

ただ、さすがに初面接でそこまで聞くのは良くないし、絶対に引かれてしまうからやめた方がいい。と思ったのですが、、Eさんのことを『もっと知りたい。』とゆう気持ちも強く・・・。
後で、タイミングを伺ってみようかな。。と思いました。


カテゴリ:
次の映画の時間まですこしあったので、近くの建物をフラフラして、時間を潰すことにしました。
途中でEさんがトイレへ行ったので、待っている間、すぐ横にあったゲームセンターをウロウロとしていました。

すると、トイレから戻ってきたEさんから、こんなことを聞かれましたっ。

Eさん「普段、ゲーセンとか来るんですか?」

朝日「いや〜、あまり・・というかほぼないですね。こういうの下手くそなんで。。(⌒-⌒; )」

ふと、クレーンゲーム機を見ると、どこかで見たようなぬいぐるみが見えたので、『んっ?あれって姪っ子が好きなキャラクターじゃ・・?』と思っていると、朝日の視線に気が付いたのか、Eさんから「あれ、好きなんですか?」と聞かれました。
素直に「姪が好きなんです。」と答えると、Eさんは、そのクレーンゲーム機をジッと見つめ、「よしっ。」といい、小銭を出し始めました。

もしかして、このぬいぐるみを取ってくれようとしているっ?!と、今更ながら気が付き、「そんな、良いですよっ?!」と止めたのですが、もうやる気モードに入ってしまったようで、取ろうとしているぬいぐるみを、イロイロな角度から、真剣な顔をして見つめていました。

正直、お付き合いまで行くか分からない相手から、あまり形に残るものを貰いたくない。とゆう気持ちもあって・・・。(*_*)
朝日のために、取ってくれようとする気持ちはほんとうに嬉しいのですが。。
なんせ、今日が初対面なわけだし・・・姪は喜ぶだろうけど。。と、そんな複雑な気持ちでいたのですが、、だんだんと、そんなことも考えられなくなってきましたっ。

なぜなら、ビックリするほどそのぬいぐるみが取れないんですっ!(@_@;)

そんな簡単に取れるものではないとは分かっていましたが、自信満々に見えたし、「たまに暇つぶしにやるんですけど、あげる人がいないのが困るんですよね〜。」と、プレイし始めた時に言っていたので、そういうものなんだ。。と思ってしまっていました・・・。

1度、Eさんが両替に行くときに、「もう良いですよっ。」と言ったのですが、「あとちょっとで取れるので・・!」と返されてしまい。。
もともとどうしても欲しいっ。というわけではないし、これ以上は申し訳なさすぎる・・・。と思い、「そろそろ、映画の時間もあるし・・」と話しかけている途中で、ゲームセンターの店員さんが来ましたっ。

多分、苦戦している様子を見ていたのか、取りやすい位置まで移動させてくれ、ようやっとぬいぐるみを手にする事が出来ました。
正直、『手に入って嬉しい!』とゆう気持ちよりも、『よ、よかった・・・。』と、ホッとしてしまいました。。


このページのトップヘ

見出し画像
×