アーカイブ

2019年11月

カテゴリ:
映画館を出てからも、Eさんが「ほんとすみません〜。」と謝るので、「いえ、気にしないでいいですよ。」と返したのですが、それでも、寝てしまったことに対して、ずっと申し訳なさそうにしていて。。(*_*)
あまり責めた感じになるのも可哀想なので、違う話の流れに持っていければいいな。とゆう気持ちから、「お仕事、忙しいんですか?」とさり気なく聞いてみました。

Eさん「いや〜〜、仕事というより、実は緊張しすぎちゃって、昨日の夜、ろくに眠れなかったんです。。(^◇^;) 」

Bさんがこんなふうに返してきたら、また上手いこと言って〜〜。と思ってしまいそうだと思いましたが、Eさんが言うなら、本当にそうなんだろうな。。と思いました。
朝日は、『ナルホド。。』と素直に受け取ったのですが、Eさんは、朝日の反応に不安を覚えたのか、こう言葉を続けましたっ。

Eさん「もちろん嫌な緊張というわけではなくて、期待と不安が入り混じった・・ポジティブな意味での緊張です!」

朝日「あ、私も、その、ポジティブな緊張してました・・・!」

言い終わってから、ポジティブな緊張て何を言ってるんだろう。。と思い、思わずクスッとなってしまったのですが、Eさんも同じように思ったのか、お互い顔を見合わせて、笑ってしまいました。
なかなか初対面で、こんな風に打ち解けることは珍しいので、一気にEさんへの気持ちが大きくなりましたっ。

一気に良い感じの雰囲気になったので、余計に、気になることを聞いてしまいたいっ・・・とゆう気持ちになってきました。

いまのところ、Eさんのことで気になっているのが、『バツイチの件。』と『さっきのアニメの件。』で、アニメに関しては、特に偏見はない。とは思ったものの、やっぱり、気になって仕方がないんですよね。。
アニメ趣味が嫌!とゆうよりも、単純に、好奇心というか・・・・。(⌒-⌒; )

朝日「Eさんて、普段テレビとかって見ますか・・・?」

我ながら遠回しな言い方にも程があるな。。と思いつつ、とりあえず、そう聞いてみました。


カテゴリ:
意地が悪いとは思いましたが、映画の内容を聞いてみたら、なんて返してくるんだろう・・・。と、どうしても気になってしまったので、聞いてみることにしました。

朝日「あの##のところ、凄かったですよね〜。」

ちょうどEさんが、熟睡していたであろうシーンの話を、試しに振ってみました。(⌒-⌒; )
うまく「そうだね〜。」と同意して、誤魔化す感じかな〜?と思っていたのですが、Eさんの返しは、想像していなかったものでしたっ。

Eさん「・・実は、ちょっと途中で寝ちゃってて・・すみません、リラックスしすぎちゃいました。( ̄▽ ̄;) 」

テヘッという感じで、驚くほどアッサリと謝られてしまい、分かっていて、意地の悪い質問をした自分の方が恥ずかしくなってしまいました。。(−_−;)
こんな感じの状況に朝日が置かれたとしたら、絶対に誤魔化してしまっていると思うので、すぐに素直に『寝ちゃってました〜。』と言えるのは素晴らしいな。と、単純にそう思いました。
まあ、そもそも、初面接で眠ってしまうのはどうなの んだろう。とも思いますが・・・・。( ̄▽ ̄;)

イロイロな人を見てきましたが、やっぱり将来を考える上で、何より大事なのは人間性で、こういったところで取り繕わないEさんの性格を、とても好ましいと感じました。
年の割におじさんすぎる寝顔や、嫌な感じの口の動きには、正直、すこし引いてしまいましたが、それもまあ、一緒にいたら慣れていくのかな・・・と思いました。

ただ、頭ではそう思っていても、Eさんと男女としてのお付き合い。が出来るのかどうか、ですよね。。(; ̄ェ ̄)

自分の中でどこまで許せて、どこまでが許せないのか、そうゆうラインが曖昧で、婚活を続けてきても、そういうところは全く成長していなくて・・・・。
まあ、ダメダメな朝日は、そこまで行けないことがほとんどなので、さもありなんという感じですが。。(ーー;)

せめてもうすこし清潔感があればなァ。。と、映画館を出て並んで歩いている時に、うっすらとヒゲが生え始めているのをみて、そう思ってしまいました・・・・。(; ̄ェ ̄)


カテゴリ:
また、すこし経つと、もう完全にEさんは夢の中へと旅立っている様子で、スクリーンの明かりに照らされた、寝ているEさんの姿を見て、思わず、飲み会の席で酔っ払って寝てしまった、前上司の姿とダブって見えてしまいましたっ。
あと、普通に起きてる時にも思ってしまったことですが、『寝てると、余計におじさんに見える・・・・。』と、正直、思ってしまいました。( ̄◇ ̄;)

やっぱり、40代には、とてもじゃないけど見えないよなァ。。と、とても良い人なのに、そんなふうに思ってしまってはイケないとは思いつつも、そう思ってしまいました。(; ̄ェ ̄)
離婚も経験しているし、相当、今までの人生で苦労してきたんでしょうか・・・・。。

疲れてるのかも知れないし、ここは寝させてあげよう。と思い、あまり隣を意識しないようにして、映画に集中することにしました。
が、大事なクライマックスに向かう流れで、静寂の中、ハラハラとしながら真剣に見ていると、「・・んん〜・・・・」と、隣から唸り声のようなものが聞こえて来ましたっ。( ̄O ̄;)

えっ?(゚o゚;; とはなりましたが、映画の内容の方が気になるし、無視しよう。と思ったのですが、それから、口をムニャムニャ・・というか、クチャクチャとしていて、音がすっっごく気になるし、なんかイヤ〜ッ!( ;´Д`) と思ってしまいましたっ。
百歩譲って、寝てしまうのは、まあイロイロと事情もあるだろうし・・・・。と思えますが、黙って寝るならまだしも、すぐ横で口を動かされるのは不快感がすごくて。。(ーー;)

そんなことを思っているうちに、映画は終わってしまい、えっ?終わりっ?!と思うと同時にエンドロールが流れ始めました・・・・。
特につまらない映画という訳ではなかったし、やっぱりEさんて、本当は、あのアニメ映画の方が見たかったんじゃないかな。。と思ってしまいました。

エンドロール終盤らへんで、Eさんがモソモソと動く気配を感じ、あ、起きたんだ・・と気づきました。
そして、映画が完全に終わり、明かりが着くや否や朝日の方を見て、「いや〜大迫力でしたね!」とサラッと言うので、思わず、笑いそうになってしまいましたっ。( ̄▽ ̄;)


このページのトップヘ

見出し画像
×