カテゴリ:
ほんとうに帰りたい。と思っているのなら、空気を読まずに、『眠くない。』と言ってしまって、古池さんに悪いことしたかも。。と思いつつ・・・。(T_T)

ただ、そう思ったのは一瞬で、すぐに朝日が悪いわけではないし、ほんとうに帰りたい。と思っているなら、そのまま聞いてくれればいいだけの話だと思うので。。

部屋に戻ったら、朝日のほうから『そろそろ、出ませんか?』と、やんわりと聞いてみようかな・・・。という気持ちになりました。

しばらく、鏡を見つめながら、髪を整えていましたが、、他のお客さんが入って来たので、トイレから出ることにしました。

・・戻ってきた部屋の前で、古池さんが、まだスマホに夢中だったらどうしよう。。と思いながら、恐る恐るドアを開けてみると・・・っ。

ナント、先ほどとまったく同じ場所、同じ姿勢で、まだスマホを凝視していましたっ。∑(゚Д゚;)

どれくらい経っているのか、正確な時間は分かりませんが、、『・・えっ。まだ見てるのっ?!』と、戸惑いながらも、ソロソロと中へ入っていくと・・・っ。

IMG_1953

顔をパッと上げた古池さんが、朝日に向かって、こう言ってきましたっ。

古池さん「トイレ行って来たの?」

やっぱり、出ていく時の朝日の声は聞こえてなかったんだな。。(;´Д`A と思いつつ、一応、『朝日がいない。』ということには、気付いてくれたようです・・・。

中へ入った瞬間、『あれ?いつ出て行ったの?』とでも言われたら、どうしようかと思っていたので。。(*_*;)

朝日「あ、はい、、そうです。」

座っていた席へと戻り、、さて、どのタイミングで話を切り出そうか。。と、悩み始めましたっ。(@_@;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村