カテゴリ:
会話の最中に、古池さんのスマホが鳴り、そのままいじり始めた姿を見て、『・・邪魔をしないようにしよう。』と、一旦、トイレで時間を潰したつもりでしたが。。

トイレから戻って来ても、未だにスマホを凝視しながら、何かを打っていて・・・。(°_°;)

朝日が帰って来たことには気づいて、「おかえり〜。」とは言ってくれたので、一応、最低限、気にしてくれてはいるみたいですが。。

朝日「・・・・・・。(・_・;) 」

・・手持ち無沙汰だし、ここで朝日もスマホを取り出そうかな。。と思ったものの、、それも何だか違うような気がして・・・。

ひとまず、朝日が席を立っている間に、飲み物が来ていたので、それをひたすら飲むことにしました。。(;´Д`A

・・こんなことなら、深く考えすぎないで、最初から、「誰からですか~?」とか、気軽に聞いてしまえば良かったのかも知れません。。

もう完全に、聞くタイミングを逃してしまったので、、いまさら聞いたとしても、朝日のことだから、絶対不自然な聞き方になって、古池さんを困惑させてしまいそうだし・・・。(T_T)

とはいえ、ずっと黙って待ち続けているのも、さすがに・・・。

一体、どうすれば良いんだろう。。(@_@;) と、無意識のうちに、座りながら固まってしまっていると・・・。

古池さん「・・・あぁ、ごめんね?もう終わるから〜。」

こちらを、チラリ。とも見ずに、画面を見つめたまま、そんなふうに言って来ましたっ。

・・まるで、朝日の気持ちを読んだかのようなタイミングだったので、『・・古池さんて、ほんとうに器用だな。。』と、おかしなところに感心してしまいました。( ̄〜 ̄;)

そして、言っていた通り、すこし経つと、凝視していたスマホから、顔を上げて「ごめんごめん!お待たせしました。」と言ってくれたのですが。。

IMG_1427

その顔が、とても満足気。というか、、ハッピーオーラのようなものが漂っていて・・・。

ますます、スマホをいじっていて、何があったのかが気になって来てしまい。。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村