カテゴリ:
古池さんが、かなりモテそうな人だというのは、話し始めてた時点で、すぐに分かったぐらいなので・・・。

そんな人が、わざわざ、好き好んで朝日を選ぶ訳がない。と、それぐらいは、当然理解しているのですが。。(T-T)

・・ただ、今までの朝日なら、『それでも、もしかして、もしかしたら、、奇跡が起こるかも・・!』と、ほんのちょびっとくらいは、期待してしまったかも知れませんが・・・。

ここ最近の面接で、自分の立場というものを、改めて思い知ったので、、もうそんな、ほんのちょびっとの期待すら無駄だということを、痛いほど学びました。。(T_T)

それでも、『どうせ、帰宅後ラインでお断りラインが来るんだろうな。。』と思いながら、古池さんとの時間を過ごすのはとても失礼だし、ふとした瞬間に、落ち込んだ姿を出してしまいそうなので・・・。

古池さんを見習う。ではないですけど・・・、あまり普段、接することがないタイプの男性なので、そういう男性と、2人で食事をするというのは貴重な体験だし、今後に活かせることもあるかも知れない。と、ここは気持ちを切り替えて、最後まで付き合おう。と決めましたっ。

そして、古池さんに『とにかく美味しいから!』と勧められ、デザートのティラミスを食べることになったのですが・・・。

満腹というわけではないのですが、なんだか、むず痒い気持ちで、胸の中がいっぱいで・・、これ以上はもう食べる気がしないんだけどな。。と、あまり気乗りしなかったのですが。

・・これがまた、今まで食べてきた、どのティラミスより美味しくって。。(゚o゚;;

正直、このときだけは、古池さんが話している言葉が、まったく頭の中に入ってきませんでしたっ。(;´Д`A

とはいえ、そこまで夢中になって食べているつもりではなかったのですが。。

古池さん「・・これも、良かったら食べて。」

そう言うや否や、古池さんが頼んだ分のパンナコッタを、ススーッと差し出されてしまい・・・。(°_°;)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村