カテゴリ:
最初からずっと、『あれっ?』と思いつつ、あまり深く考えないようにしていましたが。。

朝日の中で、脇本さんを良く思いたいあまり、キラキラとしたフィルターが掛かっていたんじゃないか。と思い始め・・・。

聞きたいことや言いたいことは、たくさんありましたが、、ここまでキッパリと、『言葉の綾です。』と言われてしまったら、もう何も言い返せないというか。。
なんせ、『言葉の綾。』ということですし・・・。(ノ_<)

それでも、勢いのついた朝日は、深く考える前に、口を開き、こう話しはじめましたっ。

朝日「・・え〜と、、それはつまり、、そのままの意味で言った。という訳ではないっていう・・、そういうことですか。。」

モゴモゴと口籠もりながらも、必死に、脇本さんに、心の内で溜めていた疑問を吐き出そうと話し始めたものの・・。

なんだか、自分でももう、何を言っているのかが、よく分からなくなって来てしまいました。。(*_*;)

というか、ここまで来ると、脇本さんの言動云々よりも、だんだんと、自分のしつこさに嫌気がさして来たような・・・・。

脇本さんの口から無理矢理、『朝日の見た目が好みではない。』と、言わせたいみたいになって来ているのが、自分でしていることながら、意味がわからなくなってきて・・・。

一体、何をムキになっているんだろう。と、急に冷静になったというか、、正気を取り戻してきたような感覚に。。(@_@;)

たぶん、脇本さんのこの飄々としたような、ドッシリとした態度が、朝日を変に奮い立たせてしまったのかも知れません。。(T_T)

朝日「・・すみません、、あの、もう大丈夫です。」

・・脇本さんが何も返してこないことに、急に怖気付いて来てしまいましたっ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村