カテゴリ:
ストレスを理由にやけ酒に走り、ヘロヘロに酔っていると、ラインの通知音がっ。

こんな時間に誰だろう・・。と、深く考えないまま、ラインを確認すると・・・。

ナント、白城さんの名前が・・・っ!Σ(゚д゚lll)

朝日『・・・えっっ。なんで?!嘘でしょ?!(゚o゚;; 』

名前を見て理解した瞬間、即座にラインを閉じ、サッ!とスマホを枕の下に入れ、とりあえず、『なかったこと。』にしましたっ。(>_<)

もちろん、『なかったこと。』になんて、実際に出来るわけはないのですが。。
『今日はもうこれ以上あの人のことは考えられないっ。限界!』と、脳が完全に拒否していましたっ。(T_T)

あんなにヘロヘロに酔っていたのが、嘘のように、スーッと酔いが冷め始め、、嫌な予感がグルグルと浮かび始めました。。

もう二度と、『あの人。』とラインのやり取りをすることはない。と思っていただけに、一体、何を送ってくることがあるのっ?!と、疑問が、頭の中でポンポンと浮かんできてしまい・・・・。

だって、最後はもう、ギスギスしていたどころか、一発触発のような雰囲気で、、そんな相手が送ってくるラインって、絶対ロクなものじゃないに決まってると思うんですけど。。

・・朝日に対して、あまりにも酷い態度をしてしまったことに、帰宅してから、良心の呵責に苛まれて、『今日は、失礼なことをしてすみませんでした。』等と謝ってくるような人じゃないと思うし・・・・。
・・あの人に限って、『それだけは確実にない。』と、自信を持って言えます。(;´Д`A

お酒を飲みすぎて、冷静な判断力を失っていたこともあり、そこから、どんどんと悪い方へ悪い方へ考えてしまって。。(>_<)

もしかしたら、ほんとうに警察沙汰にするつもりで、『ストーカーをされている。と警察に相談に行きました。』とか、、そういうラインなのかも。。と、そんな最悪なことばかり考えてしまいました・・・。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村