カテゴリ:
なぜか、女子トイレに一緒に並ぶ風間さんにやきもきしていましたが、ようやく覚悟を決め、口を開きましたっ。

朝日「・・あの、風間さんもトイレ行ってきた方がいいんじゃないですか。。さっき『行きたい。』って言ってたし・・・・。」

気付けば、後ろにも女性が並んでいて、明らかに風間さんへ視線が送られているのを感じてしまい、何故、横の風間さん本人は、まったく気が付いていないんだろう。。と思ってしまいました。(~_~;)

朝日の言葉に、風間さんは、言われて初めて気が付いた。というような反応で、「あぁ・・」とつぶやいた後、こう言ってきました。

風間さん「そうでした。では、今のうちに行っておきましょう。」

そう言うや否や、男子トイレに向かって、スタスタと歩いて行きました・・。(°_°)

あの様子だと、なにか理由があって、ここに留まっていた。というわけでもなさそうで・・・、思いの外、アッサリと去ってくれたことに拍子抜けというか、一体、何だったのだろう。。と、疑問だけが残ってしまいました。(@_@;)

ここに並んでる女性全員、風間さんに対して『何この人。。』という感じだったに違いないと思いますが、一緒にいた朝日も、まったく同じ心境だったので、もうほんとうにただでさえ具合の悪い時に勘弁してよ・・・。という気持ちに。。(T_T)

というか、風間さんて、こんなに察しが悪いというか・・・、デリカシーに欠けるというか、、こんな人ではなかったのに。。と思いましたが、とくに長い付き合いでもないので、人となりを完全に分かっていなかっただけなんでしょうね、きっと・・・。(*_*)

風間さんに好意を持っていて、そわそわドキドキしていたのも、もはや遠い過去というか、正直、黒歴史でしかなく。。
自分の見る目の無さは一生こんな感じなんだろうな・・。と、虚しくなってしまいました。

そんなことをグルグルと頭の中で考えていて、気を逸らしていたのが良かったのか、気持ち悪さは幾分かマシになってきたのですが、そのかわりにまた、腹痛の波が襲って来ましたっ。(><)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村