カテゴリ:
とはいえ、男性は総じてあまり写真映りがよくない人が多いし、それこそ、風間さんと同じ時期に来た『美魔女おじさん。』のような写真の感じも、ナルシスト過ぎてちょっと嫌だし。。(; ̄ェ ̄)

とりあえず、もう、写真のことは一旦忘れようっ。と、記憶を封印することにしました。

その後は、まったりとしたペースでやり取りを進めて行ったのですが、ある日、風間さんが、突然何の脈略もなく、謎の画像を送ってきましたっ。(°_°)

どうやら、墨で描かれた魚の絵?のようなもので、『・・なにこれ?』と思いつつ、タップして拡大してみると、・・んん?これは『魚拓。』ってやつ、かな・・・・?

とりあえず、『これは魚拓ですか?』と送ってみると、すこししてから、風間さんからこんな返信が来ました。

風間さん『はい、そしてこれはヒラマサです。』

へぇ〜・・ヒラマサ。。(O_O)

ぇえと、とりあえず、ヒラマサという魚の魚拓だというのは分かったのですが、ほんとうに突然送ってきたのが、とても謎なんですけど。。
『釣りでも行ったのかな?すごい大物だから見せたかったとか?』と思ったのですが、それなら魚そのものの写真でも良いような気がして、余計に、よく分からなくなってしまいました。(@_@;)

朝日『大物ですね!風間さんは釣りが好きなんですか?』

風間さん『いえ、これは寿司屋に飾ってあったものです。立派なので、送ってみました。』

・・あっ、、そうだったんだ。。
そう言われて見てみると、背景がどう見ても店内で、なんだ〜。と思ってしまいました。(^_^;)
まあ、べつに良いんですけど、それならそうと、最初からそう言ってくれれば・・・。という気持ちになってしまいました。

これは、『すこし言葉が足りないかな?』と思ったぐらいの出来事でしたが、その後、しばらくしてから、また突然、何の脈略もないこんなラインが届きましたっ。

風間さん『月がポツンと佇んでいたので送ります。朝日さんから見える月は寂しそうですか?』

月の画像とともに、そんなラインが送られてきたのですが、いきなりの詩人モードに、すこし戸惑ってしまいました。(°_°;)
しかも、この月がまたボケボケで、本当に写真を撮るのが下手な人なんだな。。( ̄▽ ̄;) と、そこに関しては、微笑ましい気持ちになりました。

2週間ほどやり取りを進めましたが、相変わらず掴めないというか、やっぱり風間さんて、『不思議ちゃん。』というやつなのでは・・・?という気持ちに。(O_O)

とりあえず、一番避けたい『モラハラ男。』の類いではなさそうだし、ちゃんと会ってみて判断したいな。と思いました。