カテゴリ:
あの瞬間は、怒りでいっぱいで、もう和樹さんとはおしまい!と強く憤慨していたのに、今は何も連絡が来ないことに焦ってる自分が、なんだかものすごく、滑稽に思えてきてしまいました・・・・。

その後も、一向に連絡が来る気配はなく、、とくに何もやる気が起こらず、手持ち無沙汰になり、なんとなく、婚活サイトを開いて、また、和樹さんの退会を確認してみたり。。(; ̄ェ ̄)
ふと、インスタのことを思い出して、もしかしたら、ラインのIDと似た感じなのかも・・・?と思い、確認しようとしたところで、いやっ!もうこれじゃあただのストーカーじゃん!と我に返り、インスタのアプリを閉じましたっ。(*_*)

たしかにインスタの件は、中途半端に匂わされたせいで、ものすご〜く気になってはいますが、本人が教えたくない。って言っていたものを探るなんて、絶対やってはいけないし、いつもの朝日なら、そんなことをしようとなんて、絶対に思わないのに、当たり前のように検索しようとしていたことに、恐怖を感じてしまいました。(;´Д`A

この事で、すこし頭が冷静になり、そもそも、朝日と続けていく気があるなら、『今日はごめん!』という謝罪のラインが来ていただろうし、そもそも次の約束についても、『ラインで決めよう。』とゆうようなことを言っていたのに、来ないってことは、もう、そういうことなんだろうな・・・。と、さすがに鈍い朝日でも察してきました。(*_*)

結局、最初から、和樹さんは朝日と付き合う気なんてなくて、モテなさそうだからチョロいだろぐらいに思われていたんだろうな・・・。と、あまり考えないようにしていたネガティブな思いが、どんどんと溢れてきてしまいました。。
辛い気持ちでいっぱいになりましたが、もうあのお泊まりを軽く誘われた時点で、和樹さんへの信用はガクンと落ちていたし、それに、朝日が失態をおかして、駄目になった・・というわけではないので、今回のことはもう仕方がない。と割り切るしかないな・・・。と思いました。
いつも、ああすれば良かった、こうすれば良かった、と駄目になるたびに、自分を責めてしまうので。。

ただ、無駄な時間と労力を使った。というのと、和樹さんに対しては、ほんとうにドキドキしたり、乙女心のようなものを取り戻しつつあったので、ただただ、悲しい気持ちでいっぱいになってしまいました。。(T_T)