カテゴリ:
和樹さんの真意に気付いてしまい、怒りと混乱、そして何より、ショックな気持ちでいっぱいになってしまいました。。

朝日はイロイロと、和樹さんとのことを本気で考えていたけれど、和樹さんにとっては、手軽に遊べる相手の一人としか思われてないんだな。って・・・・。

それならそれで、最初から『本気じゃありません!遊び目的です。』という態度だったら、こっちもその場で、即さようなら。と切れたし、腹は立つものの、さほどダメージだって無かっただろうに、なんでここまで引き伸ばしたの。。と、いう気持ちでいっぱいに。。

それに、なかなかの期間やり取りや面接を重ねた上で、朝日なんて簡単に騙せると思われて、こんなことを言ってきたことにも、腹が立ってしまいました。(T_T#)

・・・でも、正直言って、まったく考えてなかった。とゆうわけではなくて、、『ん?』と思うところも多々あったし、そもそも、初対面の時からなにか怪しさを感じていたし。。
それと、さっきは、なんとな〜く流されてしまったけど、インスタのことだって、やっぱり、絶対おかしいしっ。(;´Д`A

このことがきっかけで、目が覚めたかのように、今までの不可解なことや疑問が、ドドドッと溢れてきましたっ。
まあ、全て、今更すぎる話なんですけど、、こんなふうにあからさまな態度を取られたら、流石の朝日でも、気付かざるを得ませんよ。。(ーー;)

今までも『んんんっ?』と思うことは、ちょくちょくあったものの、根っこから悪い人ではないと思っていたし、何より、一緒にいて楽しかったし、好意を持っていたのは事実なのですが、さすがにもう、自分を誤魔化すのも限界です。。

そんな思いが顔に出てしまっていたのか、和樹さんは、「ごめんごめん!」と、手を合わせながら誤ってきました・・・・。

和樹さん「あ〜ちゃん怒らせちゃったよね、ごめん、でも誤解だから!」

もう、何を言われても、和樹さんとは今日でお別れだな。と決意したのですが、あれよあれよという間に、なぜか、和樹さんの言い訳を聞く流れに。。(*_*)