カテゴリ:
結局、この日はやけに饒舌な源助さんの独壇場でしたが、『付き合おう。』とも、『婚活についてのアドバイス。』を聞かれたわけでもなく、ただただ、源助さんの過去の話を聞いただけで、正直、拍子抜けしてしまいました。。(; ̄ェ ̄)

たぶん、源助さんの方は、離婚の話や両親の話をすること自体に葛藤があり、ちゃんと朝日と向き合おうと決めて、話してくれたのだとは思うのですが、本当に申し訳ないのですが、朝日としては、あまり満足のいくものではありませんでした。。(*_*)

『そろそろ店を出ようか?』となったところで、源助さんが財布を取り出そうとしたので、「いつも奢ってもらってばかりなので、今日は私が出しますっ。」と、先手を打ちましたっ。
源助さんは「いやいや、今日は俺が無理を言って誘ったので・・」と返してきましたが、朝日が『いつも奢ってもらってるし、こちらの方までわざわざ来てくれたのでそのお礼も兼ねてっ。』と言うと、朝日の勢いに押されたのか、申し訳なさそうに納得してくれました。

とはいえ、ファミレスなので、大した値段ではないんですけどね。。(⌒-⌒; )

店を出て、なんとなく距離を保ちながら並んで歩き、駅に着いたところで、「じゃあ・・」と切り出そうとすると、「今日は送ります!」と、源助さんが言ってきましたっ。(°_°)
「すぐ近くだから大丈夫です。」と断ったのですが、「こんな時間に1人で歩かせられません!」と言われたので、ここはお言葉に甘えて、朝日の最寄駅まで、一緒に来てもらうことになりました。

なんとなく、今日のこの流れだと、正式なお付き合いを申し込まれるんだろうな。。と、普通に話しながらも、ずっと心臓はドキドキしている中、突然、ポンッとひとつの心配事が浮かんできましたっ。

先ほどの話の勢いのまま、『次は俺の母と会ってみませんか?』とか言われてしまったらどうしよう・・・。流石にそれはない。とは思うけれど、今日の流れだと、『絶対にない。』とは言い切れなさそうで。。(*_*)

付き合ってもないのに、普通は、親と会わせようとなんてしない。とは思うんですけど、付き合う前だからこそ、確かめておきたい。とか・・、『もう次は、失敗できない。』と言うようなことを言っていた源助さんなら、あり得そう・・。と、そんなことばかり考えてしまい、勝手に1人で、追い詰められてしまいましたっ。(*_*)