カテゴリ:
なにか、プレゼントを交換した約束なんて、全くした覚えがないんだけど。。と思いつつも、とりあえず謝ると、源助さんが『んっ?』とゆう感じになり、慌てて、否定してきましたっ。

源助さん「いや、良いんですよ!俺が勝手にあげたかっただけなので。」

朝日「・・あっ、そういう・・・・。」

ただ単に、朝日にプレゼントをくれたってこと・・?と、拍子抜けしてしまいました。(・・;)

ただ、そう言われても、こんなちゃんとした・・紙袋や包装紙の感じから、しっかりとした品であることが伺えたので、余計に、『なぜ・・・?』とゆう気持ちになってしまい。。(*_*)
それに、前もクレーンゲームでぬいぐるみを苦労して取ってもらったばかりなのに。。と思った流れで、そういえば・・・!と、源助さんのいう『あげる約束。』について、思い出しましたっ。

たぶん、ラインかなにかで、ぬいぐるみは姪への贈り物だったから今度は朝日に贈り物をくれる。というようなことを、たしか言っていたような気がする。。と、薄ぼんやりとした記憶が蘇ってきました。
あの、ちょっと引いてしまうぐらいの長文のメッセージにうんざりとしてしまい、じっくりと見ていなかったので、あまり記憶に残っていませんでした。。( ̄▽ ̄;)

朝日「あ、あの、ありがとうございます。。でも、前も姪にぬいぐるみをもらったばかりなのに・・・」

正直いって、ぬいぐるみの時点で、付き合ってもいないのに形に残る物をもらってしまうと、それを見るたびに思い出してしまうから、ちょっとなァ・・・。とゆう気持ちだったので、今回のしっかりとしていそうなプレゼントに、怖気付いてしまいました。。(*_*)

それにしても、こんなタイミングで渡してくるとは思いもよらず・・・・。
しかも、そこそこの大きさのある物なので、これを持って移動するのか。。と、プレゼントを貰っておいて、失礼ながら、そんな風に思ってしまいました。。(; ̄ェ ̄)