カテゴリ:
映画館を出てからも、Eさんが「ほんとすみません〜。」と謝るので、「いえ、気にしないでいいですよ。」と返したのですが、それでも、寝てしまったことに対して、ずっと申し訳なさそうにしていて。。(*_*)
あまり責めた感じになるのも可哀想なので、違う話の流れに持っていければいいな。とゆう気持ちから、「お仕事、忙しいんですか?」とさり気なく聞いてみました。

Eさん「いや〜〜、仕事というより、実は緊張しすぎちゃって、昨日の夜、ろくに眠れなかったんです。。(^◇^;) 」

Bさんがこんなふうに返してきたら、また上手いこと言って〜〜。と思ってしまいそうだと思いましたが、Eさんが言うなら、本当にそうなんだろうな。。と思いました。
朝日は、『ナルホド。。』と素直に受け取ったのですが、Eさんは、朝日の反応に不安を覚えたのか、こう言葉を続けましたっ。

Eさん「もちろん嫌な緊張というわけではなくて、期待と不安が入り混じった・・ポジティブな意味での緊張です!」

朝日「あ、私も、その、ポジティブな緊張してました・・・!」

言い終わってから、ポジティブな緊張て何を言ってるんだろう。。と思い、思わずクスッとなってしまったのですが、Eさんも同じように思ったのか、お互い顔を見合わせて、笑ってしまいました。
なかなか初対面で、こんな風に打ち解けることは珍しいので、一気にEさんへの気持ちが大きくなりましたっ。

一気に良い感じの雰囲気になったので、余計に、気になることを聞いてしまいたいっ・・・とゆう気持ちになってきました。

いまのところ、Eさんのことで気になっているのが、『バツイチの件。』と『さっきのアニメの件。』で、アニメに関しては、特に偏見はない。とは思ったものの、やっぱり、気になって仕方がないんですよね。。
アニメ趣味が嫌!とゆうよりも、単純に、好奇心というか・・・・。(⌒-⌒; )

朝日「Eさんて、普段テレビとかって見ますか・・・?」

我ながら遠回しな言い方にも程があるな。。と思いつつ、とりあえず、そう聞いてみました。