カテゴリ:
風間さんから次々と繰り出される行動や言動に、さすがに引き気味になってしまっていると。。

風間さん「朝日さん、すみません。」

朝日「・・・・へっ?!(O_O;) 」

突然、かしこまった謝罪をされてしまい、思わず、素っ頓狂な声が出てしまいましたっ。

朝日の間抜け面とは対照的に、風間さんは神妙な顔をして、言葉を続けました。

風間さん「おかしなことを言ってしまいました。。先ほど言ってたことは、すべて忘れてください。」

今まで押せ押せで、強引に進めて来すぎてない?と、肌で感じてしまうぐらいだったので、ここで引いてくれたことに、逆に、ビックリしてしまいましたっ。(O_O;)

てっきり、また、『男とか女とか関係ありません!大事なのはハートです!』とか、飛躍したことを言い出してしまうのかと。。(*_*)

ひとまず、暴走モードのように見えた風間さんが、なんとか落ち着いてくれたようなので、ホッと胸を撫で下ろしました。(;´Д`A

一安心したところで、ふと、風間さんの斜め後ろの席あたりから視線を感じました。
チラッと様子を見てみると、こちらを見ていたであろう女性に、パッ!と目を逸らされてしまい、『えっ?!・・もしかしてさっきから朝日たちの会話丸聞こえだった?!』と、血の気が引いてしまいましたっ。Σ(゚д゚lll)

朝日は、出来るだけ小声で話していたし、女性とは距離もあるので聞こえていないと思いますが、もしかしたら、風間さんの声は聞こえていたかも。。

いい大人が『手を繋ぐ・繋がない。』と言い合っているのを聞かれてしまったかと思うと、ここにいるのが恥ずかしくて、堪らなくなって来ました。。(><)

風間さんがコーヒーを飲み終わったタイミングで、すぐに「店を出ましょうか。」と言おうと決め、あまりキョロキョロしないようにしよう。と思いました。。(T_T)

しかし、前回会ったときには考えられないくらい、風間さんの押しが強くて、ほんとうに今日は疲れ切ってしまいました・・・・。

朝日が言うのもあれですけど、、純粋に朝日に興味を持ってくれている。というよりも、あまり婚活が上手くいっていないから、このチャンスを逃すわけにはいかない。というように、どうしても思えてしまって。。

まあ、それを抜きにしても、風間さんが良くも悪くも個性的すぎて、付き合っていくのは無理だな・・・と、思い知りました。(; ̄ェ ̄)

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

カテゴリ:
風間さんの突飛過ぎる発言に、耳を疑ってしまいましたっ。(O_O)

そもそも、朝日は同性だからといって、誰でもフレンドリーに手を繋げるような性格では全くないし、むしろ、正反対なんですけど・・・。(*_*) 

というか、女性同士なら誰でも気軽に手を繋ぐことができる。と思っているのが、ほんとうにビックリしてしまって。。
風間さんにとっては女性全員が全員そういうものだと思い込んでるんでしょうか・・・・。

なにより、『それと同じような感覚。』ってどうゆうことなんでしょう。。(*_*)

風間さんが言っていることって、『風間さんのことを女性だと思って手を繋げば大丈夫。』ということですよね・・・・。

無茶苦茶すぎる発言に、何言ってるの?!ほんとうに、風間さんこそ大丈夫っ?!という気持ちになってしまいましたっ。(;´Д`A

そこまで考えたところで、ハッと、『もしかしてこれって、風間さんなりの冗談っ?!』と思い付きましたっ。

正直、真意がどうこうよりも、どうにかして落とし所を見つけたかった朝日は、『そうだ、これはまったく笑えないけれど、風間さんなりのジョークなのだろう。』と、半ば無理やり、結論付けました。

朝日「風間さんはれっきとした男性なので『女性同士と同じ感覚でいい。』はだいぶ無理がありますよ〜アハハ・・・( ̄▽ ̄;) 」

あくまで冗談として受け取ったという体で、穏便に断る方向に進めよう。と思いました。

とはいえ、この時点で、風間さんとの次はないな。と思っていたので、正直いって、もうどう思われても良かったんですけど、、風間さんがどんな行動にでてくるのか、全く分からないのが怖くなってしまって。。(T_T)

またあの感情が消えた顔で、無言の圧力掛けられたら嫌だな。。と思ったのですが、さすがに風間さんも、さっきのはまずい発言だったと気が付いたのか、意外な返事を返して来ました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ

見出し画像
×