カテゴリ:
考えてみれば、婚活連敗中・・・いや、大連敗中の朝日に、こんな立派なプレゼントまでくれるほどの好意を示してくれる男性なんて、奇跡ともいえる存在だったのに、、あろうことか『他に会ってる男性がいる。』なんて、匂わせどころか、直球で相手に言ってしまうなんて・・・・。
イロイロと失敗ばかりしている朝日ですが、朝日の婚活史上、一番の大失敗をしてしまったと思いました。。(T_T)

そして、相変わらず、お付き合いしているハズの和樹さんからの連絡も、まったく無い状態で。。
源助さんはともかく、和樹さんの方は朝日からラインを送れば、何かしら、返事が返ってくるような気はするのですが、今は、そんな気力も勇気も、湧きません・・・。(T_T)

・・というか、もしかして、これ、2人ともに振られてしまった、まさに『二兎を追う者は一兎をも得ずパターン。』になってしまったのでは・・・・?と、今更になって、ようやく、気付き始めてきました。。
いえ、本当は、もうとっくに、気づいてはいたののですが、あまりにもしんどすぎる現実のため、深く考えないように、自分を誤魔化していたんです。(T_T)

ですが、これはもう、認めざるを得ないんだな。。と、現実逃避から眼を覚ます覚悟が出来てきました・・。
珍しく、2人もの男性と上手くいってたから調子に乗っていたんだな・・と、今になって、そんなことを考えてしまいました。(T-T)

正直いって、源助さんにはイロイロと思ってしまうところもあったのは事実なのですが、、それでも、それを補うくらい魅力的な部分があったし、何より、朝日にちゃんと向き合って、好意を示してくれた男性で・・・・。
なんというか、駄目になってしまって、初めて分かった貴重さというか、単純に『惜しくなった。』と言われてしまえばそれまでなのですが。。

でも、最後にもう一度、メッセージを送ってみようかな・・・。と思いました。
『あんな風に言っておきながら、今更何なんだ。しつこい。』と思われてしまいそうですが、どうせ、駄目になってしまうのなら、最後に一か八か送ってみようと決めましたっ。
ついでと言ってはなんですが、この勢いのまま、和樹さんにも送っちゃえ!と、2人ともに、ラインを送信しましたっ。


カテゴリ:

源助さん「いや、それは朝日さんを思って選んだものなので・・・」

先ほどと同じように、またそんな風に言ってくれましたが、どこか抑えた笑いのように見えてしまい、これはもう、完全に呆れさせてしまったな。。と、自分の不甲斐なさと、源助さんへの申し訳なさでいっぱいになってしまいました。。(T_T)

あまりの失態に、その後の記憶が曖昧なのですが、「じゃあまた・・・」とぼんやりとした、なんとも歯切れの悪い感じで、お互い、その場を離れたかと思います・・・・。
帰りの電車の中でも、ほんとうにもう、自分の愚行に悔いるばかりで、『なんであんなこと言っちゃったんだろう・・・。和樹さんとだって、最近は全然なのに。。』と、思わず、頭を抱えてしまいそうになりました。(*_*)

帰宅してからは、後悔ばかりしていても仕方がないっ。と、なんとか立ち直ろうと、ひとまず、プレゼントのお礼のラインを送らねば!と思いましたっ。

次の約束について書くかどうか悩みましたが、もう余計なことをしない方が良いのかな。。と思い、とくに書かずに送信しました。
・・・本音を言うと、断られるのが怖い。。というか『どのツラ下げて誘ってきてるんだ!』と思われてしまいそうで、日和ったんです。。(T_T)

しかし、結局、この日は源助さんからの返信はありませんでした。。

そして、翌日も、ラインの通知音が鳴ることは無く。。
和樹さんは気まぐれなので、連絡が来ない日が続いても特に気にしませんが、源助さんは、毎日欠かさずにラインをくれていたので、あぁ・・・。となってしまいました。。
完全に、朝日の自業自得なのですが。。(T_T)

ま、まあ、昨日の今日だし・・・・、正式に『お断り。』をされたという訳ではないしね。。と、自分に無理矢理言い聞かせたものの、イヤ〜な胸騒ぎが治るわけもなく、、仕事中もどこか、上の空になってしまいました。。(*_*)


このページのトップヘ

見出し画像
×