カテゴリ:
怒りが隠しきれない朝日の様子に、流石に、『逃げきれない。』と思ったのかは分かりませんが、申し訳なさそうな表情をして、こう返してきました。

和樹さん「ごめん、てっきり勘違いしてたっ。嫌な思いさせてごめんね。」

また、朝日には思いつかないような言い訳が返ってくると思っていたので、思いの外、ドストレートに謝られてしまったことに、一瞬、戸惑ってしまいましたっ。(*_*)

その後も、『申し訳ない。』と心から謝っている様子に、べつに付き合ってる訳じゃないんだし、こんなにカッカと怒ることでもないか。。と思ったところで、『んんっ?(@_@;) 』なりましたっ。
そもそも、朝日と和樹さんて、今どんな関係?(・・;) と、ふと、疑問が浮かんできました。。

和樹さんが、どう思っているのかは分からないけど、朝日はもう『付き合っている。』という感覚ではなくて・・・・。
ただ、それなら、何故、今日ここに来たのか。ってことになっちゃうんですけど・・・。(;´Д`A

和樹さん「ん〜〜そうだな、今日調子悪いのかもな・・・。運も悪いし。。( ̄▽ ̄;) 」

運は確かに悪いのかも知れないけど、調子が悪いって言うのは・・・と思いましたが、和樹さんの顔を見るに、半ば自虐のような感じがしたので、突っ込むのはやめておきました。

和樹さん「でもこれであさひちゃんが『栗が嫌い。』って、ちゃんと学べたから!( ̄∇ ̄) 」

べつに『嫌い。』という訳でもないんだけどな・・・。(・・;) と思いましたが、とくに訂正する必要性も感じず、まあ、いいか・・。と流しました。
和樹さんの、こうゆう何があっても明るい所というか・・・、隠の雰囲気を出さないところは、こんな時でさえも、好意的に思えました。

ただ、1度ならずとも、続けてこうも間違えられると、さすがに、気持ちもグッと冷めてしまい、あんなに魅力的に見えていた和樹さんが、どことなく、霞んで見えるというか・・・。。

今までより、一段と小さく見えてしまうし、若々しくお洒落を気にしたファッションも、もうちょっと落ち着いても良いような・・と、イロイロと無理があるように見えてしまい、まるで、魔法が溶けてしまったような気持ちになりました。(*_*)


カテゴリ:
和樹さんといえば、ソツのないデートっぷり。とゆう印象だったので、ここに来て、怒涛の如く名前を間違えられたり、好物を間違えられたり・・・。(ー ー;)

本人は、お勧めの店がことごとく潰れていたり、休みだったりで、それに対して悔やんでいる様子を見せていますが、朝日にとっては1ミリも気にしていないので、全然そこじゃないから!と言いたくなってしまいました。。(; ̄ェ ̄)

たしかに、和樹さんに対しては、前も写真の件などで『んっ?』と思うことはあったものの、それにしても、輪をかけて、今日は酷いような気がしてしまって。。
純粋に、なぜ、今日の和樹さんは、こんなに詰めが甘いの・・・?という気持ちに・・・。(*_*)

ふと、もしかしたら、この空いた期間に、イロイロな面接をしてて、それでごっちゃになっちゃったのかも知れないな・・・・。と、思いました。
ただ、それなら尚更、なぜまた朝日に連絡しよう。と思ったのかが、また不思議で。。(@_@)

正直言って、連敗続きの朝日と違って、和樹さんだったら、すぐに良い女性が見つかりそうだと思うので・・・、、悲しい話ですが。。(T_T)
ほんとうは遊び目的で、真剣に婚活をするつもりなんてない。というのであれば、余計に、対して魅力のない朝日に、ここまでこだわる理由も分かりません。。(*_*)

朝日「私、そんなに、栗好きってわけでもないんだけど、"また" 誰かと間違えてない?」

自分でもキツい声色だな、、と思いましたが、いい加減腹も立っていたので、自然とそうなってしまいました。(;´Д`A
それと、特に意識してるつもりはなかったのですが、『また。』の所を強調してしまいました。

朝日のストレートな言葉に、さすがの和樹さんも、あからさまに『あっ・・ヤバっ。』という表情に変わったように見えてしまいました。。

やっぱり朝日って、『チョロいからいけるだろ。』ぐらいに思われていたんだろうな・・・・。と、その顔を見て、確信に似た気持ちに。。 
今まで何度も、そういった考えが頭をよぎりましたが、その度に、『和樹さんを信じたい。』という思いでしたが、結局、結末は呆気ないものでした。。


このページのトップヘ

見出し画像
×