カテゴリ:
何事もなかったのように、立ち上がろうとする風間さんにビックリして、慌てて「そんなすぐに動かない方が良いですよっ。」と制止しましたっ。(゚o゚;;

見た感じ、汗はほぼ引いたように見えますが、明らかにまだ体調は悪そうだし、こんな状態で今歩き始めても、フラフラとしてしまって、ろくに歩けないに決まってます。。(*_*)

たぶん、『朝日に申し訳ない。』という思いが強く、頑張って面接を続けようとしてくれているのだと思うのですが、こんな状態で一緒にいてもずっと気が気じゃないし、意を決して、こう言いました。

朝日「・・あの、今日はもう帰って、ゆっくり休んだほうがいいと思うんですが。。」

弱っている相手に、キツい言い方はできないので、出来るだけやんわりと、帰宅を促してみたのですが・・・・。

風間さん「・・もう完全に大丈夫です。しばらく座ってたら、すっかり良くなりました。」

いやいやっ、どうみても顔色悪いし、目もうつろだし。。(; ̄ェ ̄)

ただ、体調が万全の時の風間さんを、きちんと見たことがないので、元からこんな顔色や目の可能性もあるかも・・・。と、すこしだけ思ってしまいました。( ̄◇ ̄;)

なんとか説得して帰らせないと・・・・。と、あれやこれやと頭の中で策を巡らせてるうちに、ふと、なぜ朝日が、こんな必死に風間さんを帰らせようとしているのか、よく分からなくなって来てしまいました。。
『帰りたくない!』と駄々をこねる子供相手でもないのに・・・。(;´Д`A

でも、そこまで、無理をしてでも『朝日と過ごしたい。』と思ってくれているんだと思うと、普通に嬉しい気持ちもあり・・・・。
初面接で、ろこつに『帰りたい。』という顔をされることもしばしばあるので、余計に。。(T_T)

しかし、今はそんなことで嬉しくなってる場合ではありませんっ。(><)

朝日「すみません、私の方が風間さんがいつ倒れるんじゃないかと心配しちゃって、ずっと気が気でないと思うんですよ・・・。なので、2人とも元気いっぱいの時に改めて会いませんか?」

口下手な朝日にしては、かなり上手く思っていることを言えたと思ったのですが、風間さんの反応は意外なものでしたっ。(°_°)


カテゴリ:
イロイロと、体調について聞きたい気持ちもありましたが、口を開くのもしんどそうだな・・・と思い、黙って見守っていると。。

風間さん「・・・ぁあ、すみません、迷惑かけてしまって。。」

顔を伏せたまま、手を上げようとしたので、慌てて口を開きましたっ。

朝日「いやいやっ!全然歓迎なくらいですよっ。こういうのはお互い様ですしね?!」

ほんとうに、申し訳なさそうな様子だったので、『気にしないでいい。』ということを最大限に伝えたかったのですが、朝日自身こういった介抱側に回ることにまったく慣れていないので、なんともおかしなテンションになってしまいました・・・・。σ(^_^;)

言ってしまってから『また変なこと言っちゃったよ。。』と、自己嫌悪に陥りそうになりましたが、当然ながら、風間さんはそんな余裕はないようで、「ありがとうございます・・。」と弱々しい声の返事が返ってきました。(T_T)

とりあえず、今日はもう帰ることになると思うんですが、このまま帰したら、途中で倒れてしまう可能性もあるかも・・・。と、その辺のことも心配になってきました。

ただ、ラインでやり取りをしていたとはいえ、今日が初対面の男性なので、、こういうのって、どこまで踏み込んで良いものか。。

そんなことを考えていると、風間さんがゆっくりと顔を上げ、朝日に言った言葉に仰天してしまいましたっ。

風間さん「・・・もう良くなりました。すみません待たせてしまって・・・じゃあ、行きましょうか。」

口には出しませんでしたが、心の中では『ぇええっ!何を言ってるの?!∑(゚Д゚;) 』と、盛大に突っ込んでしまいましたっ。


このページのトップヘ

見出し画像
×