カテゴリ:
朝日の返事に、男性は「なんだよ〜〜・・・。。」と、露骨に落ち込む様子を見せましたが、もう朝日は何も知らないって分かったのだから、今後一切関わらないでほしい。とゆう思いでいっぱいでした。(−_− #)

というか、何年も前に一度会ったきりなのに、『連絡を取りたい。』って、なかなかのチャレンジャーというか、、言われる側の女性からしたら、あまり嬉しくないというか、恐怖すら感じてしまう気が。。(;´Д`A
そもそも、覚えていて当然。という思考がまず気持ち悪いし、なんでこんな人と再会しちゃったんだろう。。と、自分の運のなさを嘆きました。(T_T)

心を殺して時間を潰し、ようやく二回目のフリータイム終了の声が掛かると、思わず、ハァ〜。と息を吐いてしまいました。

ほんとうに、散々な目に遭いましたが、『あの失礼な男の人は誰だったんだ・・・。』と、謎を残したままモヤモヤ終わるよりかは、目的も分かったことだし、まあ、良かったのかな。。(ー ー;) と思いました。

さて、拷問のような時間も終わり、ようやく、最後のフリータイム。
正直、もう、とっとと終わってくれ。。(−_−;)と、頭の中は『一刻も早くこの場から去りたい。』という思いでいっぱいだったのですが・・・・。。

ナント、一人の男性が、スッと朝日の元へ来てくれました!(°_°)

しかも、朝日が好印象の◎を付け、向こうからも○を付けてくれた男性ですっ!
底の底まで下がっていたテンションが、グググッと一気に上がり、背筋がピーンッと伸びましたっ。

ほんとうにちゃんとしている、良い意味で普通の男性で、年齢は上の方ですが、清潔感もあって、落ち着きのあるかっこいいおじ様。とゆう感じで、絶対人気だろうな〜。と思っていたので、まさか来てくれるなんて思ってもいませんでしたっ。(°▽°)
今まで散々だったので、朝日に話を振ってくれたり『疲れてない?大丈夫?』と気遣いの言葉をすこし貰うだけで、ものすごく嬉しく感じました。(T_T)

あれほど長く感じた今までのフリータイムと違って、最後のフリータイムは、びっくりするほど短く感じ、すぐに終わってしまいました。

・・・人気もあるだろうし、カップルにはなれないだろうけど、この人の番号を書こう。と決めました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

カテゴリ:
なぜ『イカダ。』なんて例えた朝日に、何度も、関わろうとして来るのか、不思議で堪らなかったのですが、男性が続けて発した言葉に、『んんっ?』となってしまいました。

男性「・・でさ、ちょっと聞きたいんやけど、前会った時に友達と一緒にいたよね?あの子、今、どんな感じ?」

朝日「・・・・友達?(・・;)」

まったく、ピンと来ないことを言われ、朝日が戸惑っていると、また先ほどと同じように『またまた〜知ってるくせに〜。( ̄ー ̄)』というような顔をしてきたので、再び、イラッとしてしまいました。(ーー #)

それにしても、婚活で友達と一緒に行動することなんて絶対ないし、やっぱり、初対面なのに勘違いしてるんじゃ・・・・。
それとも、飲み会かなんかであった・・・?それならもうすこし、記憶に残りそうなものだけど。。

そもそも、何故、こんなクイズのように頭を悩ませなきゃならないのか、意味が分かりません・・・・。
朝日は、婚活パーティーに来たハズなのに、一体何故、こんなことに。。(ーー;)

ウンザリしすぎて、もうフリータイムが終わるまで、黙っていようかな。。と、ため息を吐きそうになった時、突然、ハッと、『もしかして、随分前に、一回参加したきりの街コン・・・・?!』と、閃きましたっ。(°_°)
そう思うと、こんな人いたような気がする。。と、ぼんやりとした記憶が蘇ってきました!

とはいえ、あれは一人で参加して、同じ一人参加の女の子と、その場で急遽ペアを組まされただけで、友達。というわけではないんだけど。。

朝日「・・ぇえ〜と、彼女とはその場でペアを組んだだけで、とくに友達ってわけじゃなかったから。。」

男性「マジでっ?!連絡とかも取ってない?」

そう言いながら、唾がかかりそうなほどの勢いで接近してきたので、思わず顔を顰めてしまいながら、「連絡先も知らないし、一度も連絡とってません。」と返しました。

結局、朝日にしつこく絡んで来てきたのって、そういうことだったのか。。と、腹立たしいやら虚しいやら、複雑な気持ちになりましたが、無事謎が解けて、ようやく附に落ちました。

というか、それなら、さっさと『街コンで会った君の友達と連絡が取りたい。』と、最初からそう言ってくれれば良かったのでは・・・。と思ってしまいました。(ーー;)


このページのトップヘ

見出し画像
×