カテゴリ:
時間が押してるためか、慌ただしく最終カードが回収されてしまい、第一希望の欄しか書けませんでした。
とはいえ、朝日は元々書きたい人は1人しかいなかったから良いんですけど、他の人はちゃんと書けたのかな・・・。という気持ちに。。

まあ、最初からモタモタしているのは朝日ぐらいで、周りの皆さんは、機敏に行動しているように見えるので、いらぬ心配かも知れません。。(; ̄ェ ̄)

こういったパーティーはリピーターも多く、長く参加していると、顔見知りばかりになってくる。と、どこかで見聞きした記憶があるのですが、実際、朝日はパーティーには数回しか参加していないのに、それでも、こうして街コンで会った人と再会してしまったのだから、なかなかに狭い世界だな・・・・。と思ってしまいました。

もし、1週間後に再び参加したとしたら、この回で会った人たち何人かと会っちゃったりするのかな。。と思うと、おいそれと参加することも出来ないな・・・・。という気持ちに。(ーー;)

女性の方は分かりませんが、男性は見るからに遊び目的というか・・・、狩りのような感覚で参加しているんじゃないかな。。というような人も見受けられ、こうして直接会って会話ができる分、見極めが大切だな・・。と思いました。
正直、前に参加したことのあるパーティーよりも、年齢層が上に設定されている分、落ち着いた感じになるのではないかと思っていたのですが、あんまり・・・・。。
その時その時で違うのかもしれませんが、少なくとも朝日が参加した回では、そんなことはありませんでしたね。。(; ̄ェ ̄)

さて、さほどドキドキすることもなく、結果発表の時間を迎えました。

朝日が書いた男性の番号が呼ばれた瞬間だけは、さすがに『ドキッ!』としましたが、続いて発表された女性の番号は、もちろん朝日の番号ではなく。。
やっぱりね・・・分かり切ってたことだし。。と思いつつ、『もしかして、もしかするかも・・』と淡い期待を抱いていたことに、今更ながら気が付きました。(T_T)

よくよく考えなくとも、フリータイム最後の回で来てくれた。という時点で、まあ『無い。』ですよね・・・・。
あの時は浮かれていて、そこまで頭が回りませんでしたが。。(T_T)

今回、カップルが成立したのは5組ということで、これが多いのか少ないのか・・・、司会の人に促されるまま、空虚な気持ちで拍手を送りました。。

この瞬間の虚しさも、参加して行くうちに慣れて行くものなのだろうか・・・・。と考えてしまい、ふと、カップルになれないこと前提に考えてしまっていることに気が付き、やっぱり、パーティー向いてないな。。と、強く思ってしまいました。(ーー;)

さて、イロイロと疲れ切ってしまいましたが、これでやっと帰れる。。と、会場を出たところで、またしても一悶着があり、まだ朝日の厄日は終わっていないことを思い知らされましたっ。(*_*)


カテゴリ:
朝日の返事に、男性は「なんだよ〜〜・・・。。」と、露骨に落ち込む様子を見せましたが、もう朝日は何も知らないって分かったのだから、今後一切関わらないでほしい。とゆう思いでいっぱいでした。(−_− #)

というか、何年も前に一度会ったきりなのに、『連絡を取りたい。』って、なかなかのチャレンジャーというか、、言われる側の女性からしたら、あまり嬉しくないというか、恐怖すら感じてしまう気が。。(;´Д`A
そもそも、覚えていて当然。という思考がまず気持ち悪いし、なんでこんな人と再会しちゃったんだろう。。と、自分の運のなさを嘆きました。(T_T)

心を殺して時間を潰し、ようやく二回目のフリータイム終了の声が掛かると、思わず、ハァ〜。と息を吐いてしまいました。

ほんとうに、散々な目に遭いましたが、『あの失礼な男の人は誰だったんだ・・・。』と、謎を残したままモヤモヤ終わるよりかは、目的も分かったことだし、まあ、良かったのかな。。(ー ー;) と思いました。

さて、拷問のような時間も終わり、ようやく、最後のフリータイム。
正直、もう、とっとと終わってくれ。。(−_−;)と、頭の中は『一刻も早くこの場から去りたい。』という思いでいっぱいだったのですが・・・・。。

ナント、一人の男性が、スッと朝日の元へ来てくれました!(°_°)

しかも、朝日が好印象の◎を付け、向こうからも○を付けてくれた男性ですっ!
底の底まで下がっていたテンションが、グググッと一気に上がり、背筋がピーンッと伸びましたっ。

ほんとうにちゃんとしている、良い意味で普通の男性で、年齢は上の方ですが、清潔感もあって、落ち着きのあるかっこいいおじ様。とゆう感じで、絶対人気だろうな〜。と思っていたので、まさか来てくれるなんて思ってもいませんでしたっ。(°▽°)
今まで散々だったので、朝日に話を振ってくれたり『疲れてない?大丈夫?』と気遣いの言葉をすこし貰うだけで、ものすごく嬉しく感じました。(T_T)

あれほど長く感じた今までのフリータイムと違って、最後のフリータイムは、びっくりするほど短く感じ、すぐに終わってしまいました。

・・・人気もあるだろうし、カップルにはなれないだろうけど、この人の番号を書こう。と決めました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

このページのトップヘ

見出し画像
×